有料会員限定

メガは海外、地銀は再編へ 銀行

印刷
A
A
事業支援や再生支援で力を発揮できるか(撮影:今井康一)

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

「足元の業績はいいものの、不透明感は強いままだ」。銀行の幹部たちはそう口をそろえる。

2021年度の上期決算を終えた銀行業界は、業績予想の上方修正ラッシュに沸いた。業界最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は当初、純利益8500億円としていた通期予想を1兆0500億円に修正、7年ぶりに最高益を更新する見通しだ。

にもかかわらず、慎重な見方が続いているのには訳がある。キーワードは「与信費用」だ。

与信費用とは、不良債権の処理で発生する費用を指す。融資先の破綻に備えた貸倒引当金や、回収できなくなった債権の損失を計上する償却額などがこれに当てはまる。

22年は勝負の年に

今期の決算が想定外の好調となっている最大の要因がこの与信費用だ。当初は新型コロナの影響で企業の倒産が多発することが予想されていたが、実際の倒産は歴史的な低水準となっている。つまり、当初想定よりも与信費用が少なく済んだということだ。中には、融資先の業況が改善したことで、貸倒引当金を取り崩し、戻り益を計上している銀行もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成
スーパー・コンビニ
食品・飲料
外食
海運
鉄鋼
インタビュー/帝人 社長 鈴木 純
化学
石油
電力
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
商社
トップ人事
M&A
インタビュー/日本証券業協会 会長 森田敏夫
証券
生保
損保
インタビュー/三井住友フィナンシャルグループ 社長・グループCEO 太田 純
銀行
ガバナンス
インタビュー/東京証券取引所 社長 山道裕己
東証新3市場
ベンチャー
決済
メタバース
GAFAM
インタビュー/NTT 社長 澤田 純
通信・携帯
インタビュー/シスメックス 会長兼社長CEO 家次 恒
インタビュー/村田製作所 社長 中島規巨
インタビュー/ファナック社長兼CEO 山口賢治
ロボット・工作機械
家電
カメラ
総合電機
半導体
インタビュー/アイシン 社長 吉田守孝
自動車販売店
自動車部品
自動車・EV
四季報担当記者が予想する
産業・企業|ゲームチェンジが始まった
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内