有料会員限定

深夜営業やめ、小型店で市場切り開く インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成

印刷
A
A
ほりの・いっせい 1957年生まれ。81年京都大学大学院農学研究科修了後、味の素入社。2000年サイゼリヤ入社。同社商品企画部長などを経て、09年に創業者の正垣泰彦氏の跡を継いで社長就任。(撮影:尾形文繁)

特集「ゲームチェンジが始まった」の他の記事を読む

緊急事態宣言が再三発令された2021年。外食業界にとってコロナ一色の1年だった。

ファミレス大手のサイゼリヤも2期連続の営業赤字に陥るなど、被った影響は小さくない。どんな戦略を打って反転攻勢を描くのか。

──コロナ収束後も、原則として22時以降の深夜営業の取りやめを続ける方針を掲げました。

いったん身に付いた消費者の生活様式はなかなか戻らないと判断した。また、営業時間を短くすれば社員をほぼ全時間帯に配置でき、顧客満足度を上げることができる。

深夜営業は、経費と無駄が発生しすぎる。深夜の割り増し手当がかさむし、公共交通機関を使って帰れない従業員向けの駐車場代や寮費も必要だ。シミュレーションをしてみたら、深夜営業をやらなくても利益が出ることがわかった。

深夜帯を担っていた多くは外国人労働者だが、彼らの戻りは当面期待できない。深夜帯の労働力確保は、よりコストがかさむだろう。

──確かに最近外食各社は、人出不足の再燃を課題に挙げています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゲームチェンジが始まった
鉄道
ホテル・レジャー
陸運
化粧品
インタビュー/高島屋 社長 村田善郎
アパレル
インタビュー/明治ホールディングス 社長 川村和夫
インタビュー/サイゼリヤ 社長 堀埜一成
スーパー・コンビニ
食品・飲料
外食
海運
鉄鋼
インタビュー/帝人 社長 鈴木 純
化学
石油
電力
インタビュー/三井物産 社長 堀 健一
商社
トップ人事
M&A
インタビュー/日本証券業協会 会長 森田敏夫
証券
生保
損保
インタビュー/三井住友フィナンシャルグループ 社長・グループCEO 太田 純
銀行
ガバナンス
インタビュー/東京証券取引所 社長 山道裕己
東証新3市場
ベンチャー
決済
メタバース
GAFAM
インタビュー/NTT 社長 澤田 純
通信・携帯
インタビュー/シスメックス 会長兼社長CEO 家次 恒
インタビュー/村田製作所 社長 中島規巨
インタビュー/ファナック社長兼CEO 山口賢治
ロボット・工作機械
家電
カメラ
総合電機
半導体
インタビュー/アイシン 社長 吉田守孝
自動車販売店
自動車部品
自動車・EV
四季報担当記者が予想する
産業・企業|ゲームチェンジが始まった
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内