日本の国技「大相撲」の知られざる裏側

裏方の職人技はここまでスゴい!

大相撲のメッカ、東京・両国国技館(写真:のびー/Imasia)

「はっけよい、のこった!」

かけ声と同時に肉体と肉体がぶつかり合う。一瞬の衝撃に場は包まれ、人々は息を呑み、その刹那に魅せられる――。

日本の国技、伝統文化である相撲。その華やかな表舞台を裏で支える人たちの実態は、あまり表に知られていない。勝敗を判定する「行司」や力士の髪を結う「床山」、「呼出」などと呼ばれる人たちだ。

1月10日(土)にTBSテレビで放送する「ジョブチューン〜大相撲・プロ野球ぶっちゃけ祭り3時間SP」(夜7時放送)に出演する、秀男さんは元呼出として大相撲を裏で支え続けた第一人者だ。

2014年11月の九州場所。ここを最後に呼出の最高位「立呼出」の秀男さんは引退した。その風貌から相撲ファンに「土俵の妖精」の愛称で呼ばれ愛されつづけた存在だった。昭和44(1969)年3月、19歳の春。相撲の世界に飛び込んで以降、45年間相撲の世界に身を置き続けた。その歴史と伝統を長きにわたり支えた呼出の仕事には、日本人の「仕事哲学」がある――。

「呼出」は45人のみ

大相撲を縁の下で支える呼出になるには、義務教育を修了した満19歳までの男子のみ。定員はわずか45名という少ない人数で、国技の基礎が支えられている。

呼出の仕事を一言で説明しようとしても、できないほど仕事内容は多岐にわたるが、ほぼすべての裏方業務を担っているといっても過言ではない。呼出は力士同様に部屋に所属し、時にはちゃんこ鍋を作ることもあるそうだ。

次ページ「呼出」の代表的な仕事とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT