有料会員限定

沸騰するCASEベンチャー 大手メーカーの出資先でも玉石混淆

印刷
A
A

新たな市場の創造者と持ち上げる前に、冷静な実力分析が必要だ。

アマゾンとも組み量産化へ

CASE時代の寵児が大型上場へ──。今年8月末、ピックアップトラックEV(電気自動車)の新興企業リビアンが、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の書類を提出したことが明らかになった。

リビアンは全米初のピックアップトラックEV「R1T」を出荷。生産拠点はイリノイ州ノーマルの三菱自動車工場跡地にある

特集「EV産業革命」の他の記事を読む

アマゾンやフォード・モーター、機関投資家など名だたる大手からこれまで集めた資金は105億ドル(約1.15兆円)。直前の7月に約2750億円の資金調達も行っていた。5月末時点の直近調達額を見ても、リビアンは自動車・モビリティ関連のベンチャーの中で抜きんでている。

同社が評価されているのは、実用的かつオフロード走行が可能なピックアップトラックEVで先んじて商用化を進めているからだ。この分野は自動車産業の中でも利益率が高いとされている。

9月中旬には、「R1T」という商品の量産第1号車を工場から出荷。同じEVで先駆者のテスラは、スポーツセダンの分野で一躍トッププレーヤーに躍り出たが、ピックアップトラックはまだ量産が始まっていない。ゼネラル・モーターズ(GM)の「GMCハマー」やフォードの「F-150」もEVの市場投入が実現していない中、開発スピードではリビアンが一歩リードしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EV産業革命
脱炭素のメインはやはりEVを選択すべきだ
大手メーカーの出資先でも玉石混淆
中国、欧州の新興勢が急成長
「自動車界のインテル」に名乗り
Part3 CASE革命の挑戦者|EVの造り方を根本から変える
EV用モーターで世界覇権狙う
「最初の一台」に最適なのはコレ!
価格帯を広げ、欧州へ輸出も
「EVは儲からない」を覆した
ネックは販売価格と航続距離
中古リーフを20万円で投げ売り
「脱エンジン」で売り上げ急減
Part2 EVシフトの激流|事業体制の転換は待ったなし
CO2削減のカギ握る重要領域
トヨタの「ミスター自動運転」に聞く
ソフトウェア更新で収益源開拓
Part1トヨタの模索|「水素エンジン」は章男社長の肝煎り
世論喚起狙うオウンドメディア
インタビュー/トヨタ自動車取締役 ジェームス・カフナー
大きく変わる産業構造
EV産業革命
自動車立国の岐路
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内