有料会員限定

EV化に雪崩を打つ世界 大きく変わる産業構造

印刷
A
A

EVシフトはビジネスの変革も迫る。日本車に勝機はあるのか。

9月にドイツで開かれた自動車ショーで展示された独メルセデス・ベンツのコンセプトカー「ビジョン AVTR」。未来のデザイン、テクノロジーなどを体現(写真:IAA Mobility)

特集「EV産業革命」の他の記事を読む

9月上旬、新型コロナウイルスの影響で欧州では2年ぶりの自動車ショーとなった独ミュンヘンのIAAは、EV(電気自動車)一色に染まった。

「EVオンリーへの抜本的なシフトこそが、当社と顧客、地球にとってすばらしい未来を実現する正しい方法だ」。出展した独ダイムラーの高級車部門、メルセデス・ベンツのオラ・ケレニウス社長はEVに突き進む意義を語った。

メルセデスは7月、2030年にも新車販売のすべてをEVにすると発表。25年には全車種からEVを出すと宣言している。

独フォルクスワーゲン(VW)も、25年までに発売するコンパクトEVの試作車を発表。満充電時の航続距離約400キロメートルで、約2万ユーロ(約260万円)と現行の主力車「ゴルフ」よりも3割以上安い。VWブランドとして、30年までに欧州販売の7割以上をEVにする計画だ。

こうした思い切ったEVシフトは、世界的なカーボンニュートラル(脱炭素)の動きを受けたもの。中でも環境規制の先頭を走るのが欧州だ。コロナ禍で落ち込んだ経済の復興と持続可能な社会を実現するグリーンディール政策を掲げ、EVを含むグリーン分野への集中的な投資を加速している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EV産業革命
脱炭素のメインはやはりEVを選択すべきだ
大手メーカーの出資先でも玉石混淆
中国、欧州の新興勢が急成長
「自動車界のインテル」に名乗り
Part3 CASE革命の挑戦者|EVの造り方を根本から変える
EV用モーターで世界覇権狙う
「最初の一台」に最適なのはコレ!
価格帯を広げ、欧州へ輸出も
「EVは儲からない」を覆した
ネックは販売価格と航続距離
中古リーフを20万円で投げ売り
「脱エンジン」で売り上げ急減
Part2 EVシフトの激流|事業体制の転換は待ったなし
CO2削減のカギ握る重要領域
トヨタの「ミスター自動運転」に聞く
ソフトウェア更新で収益源開拓
Part1トヨタの模索|「水素エンジン」は章男社長の肝煎り
世論喚起狙うオウンドメディア
インタビュー/トヨタ自動車取締役 ジェームス・カフナー
大きく変わる産業構造
EV産業革命
自動車立国の岐路
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内