有料会員限定

車好きが「本当に欲しい」EV 「最初の一台」に最適なのはコレ!

印刷
A
A

セカンドカーとして買えば、EVの本当のよさが享受できる。

世界的に電動化の波が押し寄せる中、市場では電気自動車(EV)の選択肢も増えている。ただ内燃機関車から乗り換えるには不安がある、という人もいるだろう。

多くの人が挙げるEVのデメリットは、ガソリン車と比べた場合の航続距離の短さだ。ガソリン車は1回の給油で500~1500キロメートル近く走れるが、EVはフル充電しても長くて600キロメートルしか走れない。

日本では一部の地域を除いて充電インフラが普及しておらず、車が1台だけなら航続距離の短さは切実な問題だ。では、EVを用途によって使い分けられるセカンドカーとして持つならどうか。筆者は、「2台持ち」の所有者からEVが普及していくとみている。

そこで今回は、これからEVを買う人のために筆者自身が「欲しい!」と思えるモデルを、価格帯ごとに紹介していきたい。

最初に、日本の自動車の約4割を占める「国民の足」、軽自動車がベースのEVを見ていこう。2022年に発売される予定なのが、日産自動車、三菱自動車の共同開発モデルだ。ネーミングは未公表だが、日産版は「SAKURA」、三菱版は「eK MiEV」になると噂されている。電池容量は20キロワット。航続距離は未公表だが、電池容量40キロワット時の日産リーフが322キロメートルなので、モーター出力や車両重量を考慮すれば200キロメートル前後、というのが現実的だろう。普通車ならば物足りないところだが、軽自動車の1日の平均走行距離は50キロメートル以下だから、十分実用に耐えられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EV産業革命
脱炭素のメインはやはりEVを選択すべきだ
大手メーカーの出資先でも玉石混淆
中国、欧州の新興勢が急成長
「自動車界のインテル」に名乗り
Part3 CASE革命の挑戦者|EVの造り方を根本から変える
EV用モーターで世界覇権狙う
「最初の一台」に最適なのはコレ!
価格帯を広げ、欧州へ輸出も
「EVは儲からない」を覆した
ネックは販売価格と航続距離
中古リーフを20万円で投げ売り
「脱エンジン」で売り上げ急減
Part2 EVシフトの激流|事業体制の転換は待ったなし
CO2削減のカギ握る重要領域
トヨタの「ミスター自動運転」に聞く
ソフトウェア更新で収益源開拓
Part1トヨタの模索|「水素エンジン」は章男社長の肝煎り
世論喚起狙うオウンドメディア
インタビュー/トヨタ自動車取締役 ジェームス・カフナー
大きく変わる産業構造
EV産業革命
自動車立国の岐路
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内