有料会員限定

運転支援が変える車の価値 ソフトウェア更新で収益源開拓

印刷
A
A

自動運転技術の開発を進める一方、新たな課金モデルにも取り組む。

4月に発売された新型LSと新型MIRAIでは「人に寄り添った運転支援」を目指す

特集「EV産業革命」の他の記事を読む

「右に車線変更します」。助手席に乗る担当者の指示に従いステアリングを握り、目で安全を確認すると、車内に電子音声が流れる。ウィンカーとステアリングが自動で操作され、車が右の車線へと移っていく。

今年4月に開かれたトヨタ自動車の試乗会では、高度運転支援の新機能「アドバンスト・ドライブ」を搭載する車種が披露された。同機能は高度車載システムがドライバーによる監視の下にハンドル操作やブレーキによる車線維持、車線変更や追い越しなどを支援するもの。5段階ある自動運転機能のレベル2に相当し(下図参照)、4月に「レクサスLS」と燃料電池車の「MIRAI(ミライ)」で搭載モデルを発売した。

自動運転は、メーカー各社がしのぎを削る先進技術の1つだ。「POV(Personally Owned Vehicle)」と呼ばれる個人所有の乗用車向けのものがある一方で、ロボットタクシーや自動運転バスなどを活用した「MaaS(Mobility as a Service)」と呼ばれる移動サービスでも自動運転の技術開発は行われている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EV産業革命
脱炭素のメインはやはりEVを選択すべきだ
大手メーカーの出資先でも玉石混淆
中国、欧州の新興勢が急成長
「自動車界のインテル」に名乗り
Part3 CASE革命の挑戦者|EVの造り方を根本から変える
EV用モーターで世界覇権狙う
「最初の一台」に最適なのはコレ!
価格帯を広げ、欧州へ輸出も
「EVは儲からない」を覆した
ネックは販売価格と航続距離
中古リーフを20万円で投げ売り
「脱エンジン」で売り上げ急減
Part2 EVシフトの激流|事業体制の転換は待ったなし
CO2削減のカギ握る重要領域
トヨタの「ミスター自動運転」に聞く
ソフトウェア更新で収益源開拓
Part1トヨタの模索|「水素エンジン」は章男社長の肝煎り
世論喚起狙うオウンドメディア
インタビュー/トヨタ自動車取締役 ジェームス・カフナー
大きく変わる産業構造
EV産業革命
自動車立国の岐路
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内