「魔法の眼鏡」で安眠がやって来る <動画>LEDの光で乱れたリズムを修正

拡大
縮小
これがRe-Timer。睡眠リズムを整えてくれる

シフト勤務者や時差ボケに苦しむ旅行者たちが切望する眠りを、普通の眼鏡のように使用できる新しい機器がもたらしてくれる。「Re-Timer」という名のその眼鏡は睡眠リズムをリセットするのを助けて睡眠を改善してくれる。

米国疾病対策センターによると、アメリカ人のおよそ3分の1が睡眠不足だという。時差ボケ、夜勤、それに季節性情動障害によって睡眠パターンを乱すことがある。

オーストラリア、フリンダース大学の心理学者レオン・ラック教授には、その解決策があるという。Re-Timerという名のその機器は、光線療法によって睡眠と覚醒の時間を我々の身体に知らせることで人体の24時間周期のリズムを調整する。

その携帯性が革新的

光線療法は新しいものではないが、Re-Timerの革新性はその携帯性にあるとラック教授は言う。この研究における突破口は小型発光ダイオードにあった。「私たちは非常に小型の発光ダイオードが大変効率的に電気を光に変換することに気づいたのです。それを目の近くに配置すれば目に十分な光が届き、光線療法の代わりになると考えました」(ラック教授)。

Re-Timerは普通の眼鏡のように装着でき、調整も可能である。そして日光の持つ効果を、紫外線をカットした緑の光によって模倣する。

ラック教授は、光線の色の選択は10年に及ぶ研究に基づいていると言う。「光のスペクトルのうち青と青緑、そして緑の光の色は体内時計の調節に最も効果的であることが研究から分かりました」。

次ページ職業の選択にも影響
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT