有料会員限定

青山学院大学|「青山回帰」で人気急上昇 相模原はアジア留学で差別化

印刷
A
A
米国人宣教師がつくった青学。聖書にある「地の塩、世の光」が教育理念

特集「MARCH大解剖」の他の記事を読む

「4限が終わったら、あのお店に行こうよ」。学内の書店に併設されたブックカフェで一息ついていた女子学生のグループは、放課後の寄り道計画について話に花を咲かせていた。

青山キャンパス(東京都渋谷区)があるのは、東京メトロの表参道駅から徒歩5分ほどの一等地。1883年、横浜・山手にあった前身の英学校が移転して以来の伝統の土地だ。周囲には、高級ブティック、カフェ、商業施設が星の数ほどある。青学といえば、この立地ならではの華やかな大学生活がイメージされるが、実態も「外部の印象とそう差はない」(国際政治経済学部OG)という。

ただかつては、入学後すぐに憧れの青山キャンパスに新入生が通えるわけではなかった。1982年度からは厚木キャンパス、2003〜12年度は相模原キャンパス(神奈川県相模原市)で、1~2年生は学んだ。在学生からは「通いにくい」と不評で、志願者数も伸び悩み、13年度に4年間同じキャンパスで学ぶ「一貫教育」へ変わった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
MARCH大解剖
トップの数は明治、中央がリード
法政大学総長に聞く
「学生時代はバイトの日々、経験や縁が今でも生きる」
法政大学有力OBが語る|宮嶋宏幸
2019年受験のMARCH合格者数
お受験|名門私学への登竜門
Part3|MARCHの結束
中央大学学長に聞く
中央大学有力OBが語る|鈴木敏文
誌上座談会|採用の現場から本音炸裂
MARCH卒業生の就職先トップ50
就職先の上位を紹介
就職力|有名企業にも多数
立教大学総長に聞く
立教大学有力OBが語る|大塚裕司
スポーツ|明治はラグビー、青学は駅伝…
教育力|立教の国際性は慶応超え、企業ウケのいい明治
青山学院大学有力OGが語る|蓮舫
青山学院大学学長に聞く
Part2|MARCHの実力
偏差値でMARCHを総じて上回る早慶だが…
明治大学学長に聞く
明治大学有力OBが語る|野尻佳孝
東京・多摩に神奈川、埼玉にも
国際化の進展で女子学生が増加
26年ぶりに学部を新設
「リーダーシップ開発」授業がすごい!
相模原はアジア留学で差別化
都心の人気大学に急変貌
MARCH大解剖
早慶を猛追!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内