有料会員限定

初等教育からMARCHへ、ブランド小学校は損か得か お受験|名門私学への登竜門

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

MARCHの中では青山学院と立教に小学校がある。

幼稚園から大学まで同じ場所で学ぶことができる一貫教育が青山学院の強みだ

特集「MARCH大解剖」の他の記事を読む

青山学院初等部

青山学院初等部は華やかな学校といえる。親はお金持ちや芸能人、有名人が多く、住所も港区や渋谷区、世田谷区のいわゆるブランド住宅街が多い。上場企業のサラリーマン社長や外資系投資銀行の高給取りは、青学初等部の水準では“お金持ち”の部類に入らないだろう。

青学初等部には、なぜお金持ちの子女が多いのか。それは「『お金持ちならではのおおらかさ』が校風に合う」と考えているからではないだろうか。これまで数々の受験生を見てきた経験からいえば、お金持ちであれば青学初等部に受かる可能性はより高いといえそうだ。

両親との面接もサラリーマン家庭に対する日程より、お金持ち、有名人家庭のほうが早く実施されるようだ。そういったお金持ち家庭で、父親が青学に対する熱意を面接でしっかりと伝えられれば、合格の可能性はさらに高まる。

入試問題は独特だ。カードを渡してお話を作らせたり、ビーカーの底にあるペンギンのキーホルダーを、道具を使って救い出す方法を考えたりと、多面的な思考を問う課題を出す。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
MARCH大解剖
トップの数は明治、中央がリード
法政大学総長に聞く
「学生時代はバイトの日々、経験や縁が今でも生きる」
法政大学有力OBが語る|宮嶋宏幸
2019年受験のMARCH合格者数
お受験|名門私学への登竜門
Part3|MARCHの結束
中央大学学長に聞く
中央大学有力OBが語る|鈴木敏文
誌上座談会|採用の現場から本音炸裂
MARCH卒業生の就職先トップ50
就職先の上位を紹介
就職力|有名企業にも多数
立教大学総長に聞く
立教大学有力OBが語る|大塚裕司
スポーツ|明治はラグビー、青学は駅伝…
教育力|立教の国際性は慶応超え、企業ウケのいい明治
青山学院大学有力OGが語る|蓮舫
青山学院大学学長に聞く
Part2|MARCHの実力
偏差値でMARCHを総じて上回る早慶だが…
明治大学学長に聞く
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内