「魔の三角地帯」に沈む財宝伝説は本当だった

バミューダ海域に消えたスペイン船を追う

発見されたクイーンズジュエリー
世界と人類の歴史には、まだまだ数多くの謎が残されている。
その一つとして数多く存在する財宝伝説。その伝説は本当なのか?本当ならば「この手で財宝を発見してみたい」。そんな思いから始まったのが、TBSテレビの『財宝伝説は本当だった 今夜ついに大発見SP』だ。
2014年正月に放送した第1弾では、エジプトより古い世界最古の黄金文明(トラキア文明)が栄えていた東欧・ブルガリアの財宝伝説に挑んだ。2004年に黄金のマスクが発見されて以来、ゴールドラッシュに沸くトラキア遺跡。中でもトラキア最初の黄金王・コテラ王が眠る墓には、まだ莫大な歴史的財宝が埋葬されていると考えられている。番組はブルガリアの国家プロジェクトに参加。4カ月に渡る黄金王の墓の発掘調査を行ったところ、ブロンズで飾られた戦闘馬車を発見。歴史的発見としてブルガリア国営放送で大々的に報じられた。
その番組の第2弾が、2015年1月3日(土)夜18時から3時間にわたって放送となる。本編の公開を控え、今回発掘に挑んだ財宝伝説について2回にわたってリポートする。

魔の海域に沈む伝説のスペイン財宝船団1715

今回狙うのは、アメリカ・フロリダ沖、バミューダ海域に沈んだスペイン財宝船団1715にまつわる財宝伝説だ。

フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域、「バミューダトライアングル」「魔の三角地帯」などと呼ばれ、昔から多くの船が行方不明になったことで知られている。

しかも、消えた船の残骸が全く発見されなかったり、消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常が発生したりするなど、そのミステリアスさが注目され、数多くの小説、映画の題材となってきた。行方不明の理由として、ブラックホール説・宇宙人説など、様々な仮説が唱えられてきたことでも有名である。

バミューダ海域といえば、天候が非常に変わりやすく、潮の流れが速い。そして、ハリケーンが発生しやすいのが最大の特徴である。バミューダで発生するハリケーンの威力はすさまじく、大型船でさえ簡単に海の餌食となってしまう。まさに魔の海域なのである。

次ページスペイン王妃への結納品「クイーンズジュエリー」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT