こんにゃくを世界に売り込んだ驚異の発想

明治生まれの伝統に革新を加えた職人の気概

石橋屋のこんにゃくが世界で受け入れられている秘密は……

ユネスコの無形文化遺産に登録されている「和食」。海外では日本食レストランが2013年に約5万5000店と過去5年でほぼ倍増しているほか、日本の農林水産物の輸出額は年間約5000億円に上る(農林水産省調べ)。

おいしくて安全な日本の食品はいまや一つのブランドイメージとして定着し、工夫次第では世界で勝負できる。福岡県大牟田市に住む石橋渉さんもそんな気概を持つひとり。11月22日にTBSテレビで放送された「ジョブチューン」に出演した石橋さんは、明治10年(1877年)から続く老舗こんにゃくメーカー、石橋屋の経営者としてその食文化を世界に広めている。こんにゃく一筋37年の職人だ。

「悪魔の舌」と嫌われたが…

こんにゃくは平安時代に中国から日本に伝わった。今ではおでんや煮物の和食には欠かせない食材だが、アジア地域を除けば、世界でこんにゃくを食べる文化はほとんどない。

石橋渉さんはこんにゃく一筋37年の職人だ

にもかかわらず、石橋屋は世界に打って出た。初めて海外へ輸出を始めたのはシンガポール。2002年のことだ。その後、輸出先を増やし今では欧米を含めて世界20カ国以上にこんにゃくを輸出するまでになったが、その道のりは平坦ではなかった。

 「これはデビルズタン(悪魔の舌)だ」

石橋さんが10年以上前にニューヨークのレストランを営業で回った時によく言われた言葉だ。欧米向きではない食感や見た目。欧米は、日本の商品をそのまま持っていって「美味しい」と受け入れられるような市場ではなく、当初の反応はよくなかった。

次ページ訪れた転機とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。