こんにゃくを世界に売り込んだ驚異の発想

明治生まれの伝統に革新を加えた職人の気概

石橋屋のこんにゃくが世界で受け入れられている秘密は……

ユネスコの無形文化遺産に登録されている「和食」。海外では日本食レストランが2013年に約5万5000店と過去5年でほぼ倍増しているほか、日本の農林水産物の輸出額は年間約5000億円に上る(農林水産省調べ)。

おいしくて安全な日本の食品はいまや一つのブランドイメージとして定着し、工夫次第では世界で勝負できる。福岡県大牟田市に住む石橋渉さんもそんな気概を持つひとり。11月22日にTBSテレビで放送された「ジョブチューン」に出演した石橋さんは、明治10年(1877年)から続く老舗こんにゃくメーカー、石橋屋の経営者としてその食文化を世界に広めている。こんにゃく一筋37年の職人だ。

「悪魔の舌」と嫌われたが…

こんにゃくは平安時代に中国から日本に伝わった。今ではおでんや煮物の和食には欠かせない食材だが、アジア地域を除けば、世界でこんにゃくを食べる文化はほとんどない。

石橋渉さんはこんにゃく一筋37年の職人だ

にもかかわらず、石橋屋は世界に打って出た。初めて海外へ輸出を始めたのはシンガポール。2002年のことだ。その後、輸出先を増やし今では欧米を含めて世界20カ国以上にこんにゃくを輸出するまでになったが、その道のりは平坦ではなかった。

 「これはデビルズタン(悪魔の舌)だ」

石橋さんが10年以上前にニューヨークのレストランを営業で回った時によく言われた言葉だ。欧米向きではない食感や見た目。欧米は、日本の商品をそのまま持っていって「美味しい」と受け入れられるような市場ではなく、当初の反応はよくなかった。

次ページ訪れた転機とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT