24歳でプロ野球をクビになった男が見た真実

初めて挫折を味わい、勝負の世界で財産を得た

4年目。私の出場機会は激減した。プロ野球の2軍という場所は特殊な空間である。私もそうであったように、新人選手は無条件で試合に出る機会をもらい、1軍から落ちてきた選手が調整のために試合に出る。結果を残さなければ真っ先にクビになる世代の選手は、試合に出るチャンスが最も少ない。

そんな中、首都圏に点在する2軍の各球場に向かうために、朝早くから1時間以上車を運転し、試合に出る事のないまま、帰路につく。家に着く頃にはちょうど1軍の試合が始まり、テレビをつければ同世代の選手がナイターの照明の下で活躍している。悔しい思いをぶつけようにも、試合に出る事ができない。そんな悶々とした思いを押し殺しながら、次の日も、試合に出られる見込みのない球場へと、朝早くから車を運転していく。

「試合に出られない」という初めての屈辱

そもそも、プロ野球選手は多くの場合、いや、全員と言っていいほど、プロになるまでは「試合に出られない」「控えに回る」という経験をしていない。そうあることには非常に抵抗があるし、反発も起こる。しかし、どこかのタイミングで受け入れなければならない。

当時22歳だった私にとって、それを受け入れる事は負けを認めることと同じような気がして、できなかった。ひたすら反発し、わかりやすく気持ちの切れた私は、一気に低迷した。半ば自暴自棄に陥り、信用も失い、人も離れていった。このあたりから、私の「プロ野球で活躍する」という情熱が、一気に冷めていったことを今でも覚えている。

5年目。それでもクビにならなかった私は、心を入れ替えてやり直す決心をした。何があっても諦めないと心に誓ったが、一度気持ちの切れた人間が簡単に結果を出せるほど、プロの世界は甘くない。一度悪い方向に向かったエネルギーには慣性の法則が働き、さらに深い闇へと転落していった。この年の打率が.214。2年で打率を1割近く下げた。私のプロ入り後の打率の推移をグラフにしたとすれば、恐ろしく急な山が1つ出来上がるだろう。

ところで、在京球団の2軍選手の生活は、想像以上に厳しい。当時の私の年俸が560万円。月の手取りが40万円ほど。ほぼ毎日自分の車で試合会場へ向かうため、交通費は月に10万円かかる。プロ野球選手は個人事業主なので、球団からの交通費の支給はわずか。ほぼ、ないといってもよい。家賃、光熱費、携帯電話料金、各種保険などの支払いを終え、食費を考えると、月に自由に使えるお金は5万円ほどだった。

世間一般でイメージされているプロ野球選手の華やかな生活とは無縁である。そんな日々から抜け出そうと必死になるのだが、そもそも試合に出られない。これは、なかなかに辛い日々である。

次ページそして迎えた最後の1年
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT