「明るい廃墟」、ピエリ守山は再生できるか

リニューアルした地方SCを待ち受ける荒波

12月17日にリニューアルオープンする「ピエリ守山」

かつて「明るい廃墟」としてネットを中心に大きな話題となったショッピングモールをご存じだろうか。ピエリ守山。琵琶湖を望む滋賀県守山市に2008年に開業した大規模商業施設だ。

開業後、近隣に複数の大型モールが新設されたり、開発を手掛けたデベロッパーが2010年に破綻したことなどから、一時は存続が危ぶまれたが、今年に入り、関西地盤の不動産会社サムティが経営を承継。12月17日にリニューアルオープンすることになった。

目玉は外資系ファストファッション

新生ピエリの目玉は、滋賀県初出店となるH&MやBershka、OLD NAVYなど6ブランドの外資系ファストファッションだ。これまでは京都市内まで足を伸ばさないと手に入らなかったこれらのブランドを武器に、自動車で20分圏内の人口16万人を取り込む算段。年間150億円超の売り上げ、650万人の集客を目指す。

次ページSC業界の現状とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT