「明るい廃墟」、ピエリ守山は再生できるか

リニューアルした地方SCを待ち受ける荒波

イオンモールのライバルである三井不動産系のららぽーとも、出店攻勢に打って出る構えだ。昨年が出店ゼロ、今年も1施設しかなかった開業を、来年は3施設に拡大させる。「SCは成長産業」(三井不動産)と位置づけ、アクセルを踏み直す。

既存店は消耗戦の様相

だが、1つ1つのモールを見直すと、楽観視できる状況でもない。日本ショッピングセンター協会によると、既存店全体の売上高は、消費増税前の駆け込み需要があった今年3月を除けば、プラスとマイナスを往ったり来たり。

「既存店が軟調なのは増税後の消費環境もあるが、競争激化の影響も大きい」。こう語るのは日本SC協会の篠原一博・専務理事だ。そのうえで「優秀なテナントの争奪戦が激しくなっている。地方を中心にテナントが埋まらないSCも出ている」と指摘する。

東京・渋谷で若い女性に人気のあるファッションビル「109」に入るアパレルショップの幹部は、時代の変化を感じている。「かつて自分たちがイオンモール内に入ることは考えもしなかったが、今は若い女性がイオンに行っている。うちもイオンに入らないと生き残れない」と打ち明ける。

今年11月にオープンしたイトーヨーカ堂が運営するグランツリー武蔵小杉(川崎市)。1階の正面入り口の両端には、食品スーパーとセレクトショップが並び合う。これまでイオンやヨーカ堂と一定の距離を置いていたTOMORROWLANDやBEAMSがこぞって出店し、業界関係者を驚かせた。

それだけSCの力が強くなっていることの裏返しだが、その一方で、「ますます、どこのSCに行っても似たような業態が増えている」との消費者の反発の声も増している。

次ページ業界が抱える難題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT