クリスマス「べき論争」での破局、どう避ける? 技術重視の「カップルダイアローグ」とは

印刷
A
A

「カップルダイアローグ」は以下の手順で行います。

1, まずAさんが事実のみを言い、BさんはAさんの言った事実をそのままリピートします。
2, 次にAさんがその事実によって生じた感情を言います。そして、BさんはAさんの言った感情をそのままリピートします。
3, 最後にAさんからBさんへ3つの要望を告げます。Bさんは事実とAさんの感情を考慮し、受諾可能な1つだけを選択します。

 

クリスマスのケースに落として考えるなら、

1, 事実:女性「クリスマスは特別な日なのに、去年は何もしてくれなかった」と言う。男性「クリスマスは特別な日なのに、去年は何もしてくれなかった」と、そのままリピートする。
2, 感情:女性「私はクリスマスの日ぐらい優しくしてもらえないと、寂しい気持ちになる」と言う。男性「私はクリスマスの日ぐらい優しくしてもらえないと、寂しい気持ちになる」とそのままリピートする。
3, 要望:女性 クリスマスの日は、①プレゼントをくれる、②外食をする、③残業をしないで早く帰る、の3つを提案。男性は②の「外食をする」を選択。選択したことは約束なので、必ず守る。

 

このカップルダイアローグのポイントは、お互いの意見を絶対に否定しないこと、1つの約束だけは必ず守るという歩み寄りの姿勢を示すことにあります。男女の「べき論(価値観)」の違いについて、「どちらかが正しい」という議論をしても、感情論になるだけで、とてもゴールに辿り着けません。ですが一定の「ルール」や「技術」にのっとれば、少しずつでも歩み寄りができるかもしれません。

「上司と部下」にも使える手法

アンガーマネジメントの基本に、「他人を変えようとしない」という考え方があります。自分の「べき論」の押し付けで相手が変わることに期待をしても、“のれんに腕押し”に終わる可能性が高いです。だったら、自分が変わるほうが早い。自分の「べき論」を緩めてみるのも得策です。

「絶対に譲れない」と思っていることでも、発想を変えてみると、意外にそうでもなかったりします。その「べき論」を強硬することで、パートナーとの明るい未来を失ってもいいのか。その「意地っ張り」は、プライドでなく、うぬぼれに過ぎないのかもしれないのです。

まずは自分が譲れそうな部分だけでも相手に歩み寄ることで、大切な人間関係の崩壊を防げるかもしれません。このカップルダイアローグは、カップル間のみならず、上司と部下、同僚同士にも使えます。アンガーマネジメントに興味を持たれた方は、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT