【産業天気図・精密機器】オフィス需要回復、カメラも順調で業況感は「晴れ」続く。ただコンパクトカメラは競争激しく勝敗が鮮明化


 レンズ交換式では、キヤノンとニコンで市場の8割弱という双璧の構図は崩れていない。「一眼レフは全地域で続伸。中国を中心としたアジア、北米が特に強い」(キヤノン)、「現地通貨ベースでは一眼レフは2ケタ成長、新製品投入効果で平均単価も上がっている」(ニコン)と、ともに好調。ソニーやパナソニックなどが積極展開するミラーレス(一眼レフからミラー部を取り去った小型のレンズ交換式カメラ)も、日本や韓国などで販売台数を増やしている。初級者層を中心に伸びは続きそうだ。

コンパクトカメラは年末商戦を前にして、すでに各社の勝敗が鮮明化している。
 
 4月時点で年間出荷台数1200万台を計画していたオリンパスは新製品が思うように売れず、900万台へと300万台の下方修正を余儀なくされた。カシオ計算機やペンタックス(HOYA)も、今期はヒットに恵まれていない。一方でニコンは期初比50万台の上方修正(1350万台→1400万台)に沸く。

最大市場の北米を中心に売り上げが増え、ソニー、キヤノンとの差をじりじりと詰めることができた。「中級以上の製品が特に好調だ」と、ニコンの岡本恭幸・映像カンパニープレジデントは自信を見せる。キヤノンも「他社と圧倒的な差がある(生産)数量を生かし、自社生産でもコストダウンする」(田中稔三副社長)と2100万台(前年比7%増)の計画を据え置いている。
 
 カメラ市場そのものは好調が続く見通し。だが価格競争が激化していることもあり、近々に戦線縮小せざるを得ないメーカーが出てきても不思議ではない。
(前野 裕香=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?