【産業天気図・精密機器】オフィス需要回復、カメラも順調で業況感は「晴れ」続く。ただコンパクトカメラは競争激しく勝敗が鮮明化

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月


 精密機器業界は2011年9月まで、「晴れ」の活況が続きそうだ。事務機などのオフィス需要は、ハード(本体販売)に続きソフト(保守サービス・消耗品)が上向き始めた。デジタルカメラ市場は、レンズ交換式カメラを中心に想定超の拡大を見せている。コンパクトカメラ市場も競争は厳しいが、新興国を中心に成長が見込まれる。

今4~6月にかけて、事務機本体の売り上げは復調傾向にあったが、顧客の経費削減策の一貫としてカラーコピーは抑制されていた。ここにきてようやく、「消耗品や保守サービスがかなり回復してきた」(キヤノンの田中稔三副社長)と、ソフト面の需要も徐々に上向いてきた。

とはいえ、需要水準はピーク時の8割程度で頭打ちすると見られており、各社は10年初からターゲットの拡大戦略を実行している。たとえば大企業向けが強かった富士ゼロックス(富士フイルムホールディングスのグループ会社)は、中小企業向けの低価格帯製品を充実。カラー機を強みとしてきたコニカミノルタは、モノクロ機の新製品を投入し、こちらも主に中小企業の需要取り込みを狙う。中国でのシェアが相対的に低いリコーは、内陸部を含め営業人員を増やし直売体制を強化する。

デジタルカメラは順調に伸びているが、レンズ交換式カメラ(一眼レフ、ミラーレス)とコンパクトカメラでやや様相が異なる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。