国産ネット検索ベンチャーのフォルシア、旅行業界向けから異業種へも展開


 フォルシアのビジネスモデルは、基本的にはシステム利用のロイヤルティを得るモデルだ。このため、ネット旅行の普及に伴って、安定的な収益拡大は見込まれる。とはいえ、旅行業界に限ればそれなりにシェアを確保しただけに、今後急成長は見込めない。

成長に向けた足元の課題は、対象とする業界の拡大だ。マーケティング体制も強化し、スプークの特性を生かせる複数の業界に向けて、浸透を図っているところだ。

フォルシアは、ITベンチャーには珍しく、設立時から「資本」が充実していたうえ、経験上、スタートアップ・ベンチャーの資本政策の難しさを知っていたこともあって、株式公開は検討してこなかった。しかし、今後の一段の成長戦略を考えれば、資金調達や人材確保などの面から、株式公開を視野に入れる必要も出てきそうだ。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT