国産ネット検索ベンチャーのフォルシア、旅行業界向けから異業種へも展開


 フォルシアのビジネスモデルは、基本的にはシステム利用のロイヤルティを得るモデルだ。このため、ネット旅行の普及に伴って、安定的な収益拡大は見込まれる。とはいえ、旅行業界に限ればそれなりにシェアを確保しただけに、今後急成長は見込めない。

成長に向けた足元の課題は、対象とする業界の拡大だ。マーケティング体制も強化し、スプークの特性を生かせる複数の業界に向けて、浸透を図っているところだ。

フォルシアは、ITベンチャーには珍しく、設立時から「資本」が充実していたうえ、経験上、スタートアップ・ベンチャーの資本政策の難しさを知っていたこともあって、株式公開は検討してこなかった。しかし、今後の一段の成長戦略を考えれば、資金調達や人材確保などの面から、株式公開を視野に入れる必要も出てきそうだ。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT