クラウドの導入は、IT資産のオフバランス化にとどめず成長戦略としての視点を

クラウドの導入は、IT資産のオフバランス化にとどめず成長戦略としての視点を

「日本企業には情報戦略がない」。情報処理推進機構(IPA)オープンソフトウェアセンター長の田代秀一氏は心配する。

米国系企業では「情報システムの構築こそが競争力の源泉である」と考えるのに対し、日本企業はコスト削減の手段としか考えていない、という。兼任を含め、CIO(最高情報責任者)を置く日本企業は3割程度にすぎず、多くは総務系の部課長クラスが兼務でIT部門を管理する程度。これでは戦略的なIT活用は難しい。

過去、企業のIT投資は場当たり的に進められてきた。この結果「冷めたスパゲティ」と揶揄されるように、システムが複雑に入り組み、なおかつ相互に依存し合っているため、うかつに触るとシステム全体が停止してしまう危険すらある。当時の設計者が定年や転職などで退職し、その仕組みを知る者すらいない。

何とかしなければならないが、自社用にアプリケーションを改変してあるなどの問題があり、ハード、ソフトのベンダー間の責任の所在があいまいになり、ブラックボックスになっていることも多い。効率化のために導入されたIT資産が、企業活動のお荷物になりかねない。

クラウドの導入は、こういった古いシステムを整理するためのチャンスだ。だが、すべてのIT業務をクラウド業者に丸投げできるほど単純ではない。パブリッククラウドに移行して差し支えないもの、企業内にとどめておくべきもの、クラウド化すべきものとそうでないもの、こういった仕分けはもちろん、IT戦略の見直しの覚悟が要求される。

資産スリム化だけでは不足

クラウド導入を検討する企業にとって、最大のメリットはIT資産のオフバランス化だろう。クラウドサービスは課金制が前提であり、設備投資ではなく費用としてとらえられる。バランスシートのスリム化を図れるのは、大きな魅力だ。だが、それに目を奪われて見逃してしまいがちな問題がある。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT