クラウドの導入は、IT資産のオフバランス化にとどめず成長戦略としての視点を


 OSSはさまざまな技術者が集まるコミュニティ上で作成されたソフトウエアで、その名のとおり基本設計がオープンになっている。このため、知識さえあれば誰でも利用できる。商用ソフトと違い、供用期限もなく継続性がある。東京証券取引所がOSをOSSであるUNIX に切り替えたのも、一つにはこの点を考慮したからといわれる。

実際の判断はSEの領分ではあるが、システムの構成要素として経営者も知っておく必要がある。IPAがまとめた「クラウドコンピューティング構築のための調査」は参考になる。

もちろん、こういった知識をすべての経営者が持つことは不可能だろう。だが、2015年にはIFRS(国際会計基準)導入の可能性もあり、業務の見直しは必至だ。クラウド導入を単なる資産のオフバランス化ではなく、ITを経営戦略の一環としてとらえ直すことが肝要だ。

(シニアライター:小長洋子 =週刊東洋経済2010年12月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング