あなたは、なぜいつも優柔不断なのか?

「意思決定」に隠れた2つの原理

──どうしても直感が混じる場合もありませんか。

たとえば就職の内定を5社からもらったとする。それぞれ給与額、勤務地、キャリアの見通しその他、いろいろと評価基準がある。どう選ぶか。最初に重要なのは勤務地だとして、第1希望を満たす2社に絞る。これでは決まらない。次に重要なのは給与だと、最も高いA社を選ぶ。この選び方はもっともらしい。評価基準の重要性にきちんと順番をつけている。論理性がある。順々に絞っている。直感的だが、この選択方法以外にないと思いがちだ。

注意喚起しておきたいのは、実際にはこの方法はかなりリスキーだということだ。勤務地が重要だという最初の基準は本当に絶対条件だったのか。それでほかの三つの選択肢をスパッと切っている。効率的ながら、この部分だけに着目して切り捨ててよかったのかどうか。

車選びはリアルな意思決定

──車選びについて多くのページを割いています。

適度に複雑で、基本的に難しいが、決断の問題ではない。買い物のうち金額的にも比較的重要な意思決定なので、事例の中心にした。何百万台もある中古車の中からどう絞り込むかという視点で、3台にまで行き着いた。マニアや業界の人から見ると大ざっぱな選び方かもしれないが、意思決定の問題としてリアリティはあると思っている。

──最近は、手軽なインターネットを活用しがちです。

「意思決定トレーニング」ちくま新書(780円+税 /216ページ)

使い方を誤ると、落ちなくてもいいわなにわざわざ落ちる。今は、すぐにインターネットで検索する。特にソーシャルメディアには気をつけたい。車選びで楽なのは、最初から数タイプだけをピックアップすることだ。それでネットの口コミ情報を見る。まず一つ見て影響される。また別の情報では、違う見方でいい車を説明している。また影響される。

そうなると、ネット上のどの意見が正しいのかという、もう一つの意思決定問題を抱えてしまう。車を選ぶはずなのに、どの人の発言に信憑性があるのか判断するという余計なタスクを背負い込み、かえって混乱する。答えではなく、選び方の情報収集に徹すべき。選ぶ基準が大事で、答えは自分が出すものだ。

──優柔不断にならないためにはどうすべきですか。

選択肢は誰でも求められる。難しいのは評価基準だ。時間軸の問題が絡むと、たとえば最適な伴侶選びというような問題は、意思決定というより決断の問題に近くなる。重要なのはどれだけ不確実性を意識して取り組めるかだ。秘訣は、意思決定の概念をはっきり把握してどの原理がふさわしいかをしっかり判断できることだ。つまり、どう意思決定するかを意思決定できることがまず大事なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT