「日に新たやね、旧態依然はあかん」

今日は、昨日のままであってはならない

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

 何かの本だったろうか、しかし、記憶にないから、雑誌だと思うが、米国の漫画の話が載っていた。

ある新婚の夫婦が家庭で、感謝祭のためにローストターキーをつくっていた。夫が見ていると、妻が七面鳥のお尻の部分をバッサリ切り落として、オーブンに入れている。夫は不思議で仕方がない。丸ごと入れればいいのに、どうして、そんなもったいないことをするのだろうと思った。そこで、妻に聞くと、「お母さんから、教えてもらったの」と言う。

しかし、夫の、不思議な思いは消えない。そこで義母に電話をした。「ハッピー・サンクスギビング」と挨拶をしてから、「あのぉ、つかぬことをお伺いしますが……」とその理由を尋ねたら、「あゝ、それは、おばあさんから教わったの」と。

そこでおばあさんに電話をした。「なぜ代々、ローストターキーのお尻を切り落とすのですか。その理由を教えて頂けないでしょうか」と問い合わせた。すると、それを聞いたおばあさんが、驚いた声で「なにしてるのよ。馬鹿だねえ。それは私のオーブンが小さかったからよ。今、あなたのところの オーブンは、大きいから、丸ごと、入るでしょう」。そういった内容であった。

漫画だから、もちろん、作り話だろうが、あんがい作者の身近なところでの実話かもしれない。

同じ仕事の繰り返しはいかんよ

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

この話を覚えているのは、この話を読んだ直後に、松下と話をしていると、

「きみ、仕事をしてるわな。毎日、会社に行くやろ。けど毎日、同じ仕事の繰り返しではいかんよ。早い話、毎日、昨日はどうであったか。今日は、昨日より、進んだ姿で仕事をしているのか。そういうことをつねに考えんといかんな。

日に新た、というやろ。そうでないと、きみも成長せんし、会社も発展せんな。こういうやり方が、昔からのやり方だからとか、先輩がやっていたからとか、そういうことではダメやな。毎日、毎日、新しく変化しておるいうか、今やってることが、これでいいのか、こういう考え方でいいのか、つねに考えながら、仕事をせんといかん。

とにかく、日に新たやね。旧態依然ということであっては、あかんということや」

と言われたからである。

先述のローストターキーの話を読んだ後であったから、松下のこの一言は、印象に残っている。昨日と同じ仕事、やり方をするな、ということである。

次ページ「日に新たに」を語るエピソードとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT