部下にものを尋ねると、部下は成長する

経営者が威張るのは損

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

ある年の1月も終わりの頃だったように覚えている。この時、松下幸之助は、ホテルで某新聞記者の取材に答えていた。

「まあ、そうですな、会社を経営していくにあたっては、やはり、いろんな人の声を聞かんといかんですな。外の人の話も聞く。社内の人たちの話もよう聞いていく。そういうなかで、おのずと、せんならんこと、やらんといかんことが出てきますわな。人の言うことに耳を傾けていくことが、経営をしていくにあたっては、大事なことですな。けど、そのときに心掛けんといかんのは、素直になってというか、素直な心ですな。とらわれて聞いておったら、大切なことを見過ごしてしまいますからね。それじゃ、あきませんわ」

とにかく、松下は、事あるごとに、ほとんど誰彼となく、周囲の人に、話しかけ、問いかけ、尋ねる、ということが多かった。

「きみはどう思う?」

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

もちろん、私も、さまざまなことについて、質問された。思案していること、確認したいこと、わからないことなど、それが、松下との会話のなかでの普通のやり取りであった。テレビを観ながら、「今、この人が言ったことは、どういうことか。きみは、どう思うか」という問いかけなどは、ごく当然であったが、年明けて、いつものように正月5日の夕方の呼び出しで、訪ね、2人でおせちを食べていると、「今度、(松下電器の)社長を交代させようと思うんやけどな、この人がいいと思って考えているんや。きみ、この人をどう思うかなあ。人望もあるしな。わしの考えもよく理解している」と、そういうことを尋ねられることもあった。

しかし、新社長は、理由は控えるが、松下の考えていた人には、ならなかった。そういう、こちらが、なかなか答えにくい質問もあったが、とにかく、私事から、会社のことはもちろん、政治、経済、社会、教育など全般にわたって、なんのためらいもなく、松下は、質問をしてきた。

次ページ松下はなぜ人に問いかけるのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT