「日に新たやね、旧態依然はあかん」

今日は、昨日のままであってはならない

この「日に新た」という言葉は、松下幸之助が、よく使った言葉のひとつでもあり、色紙に書いたことがあるから、今も、どなたかがお持ちではないだろうか。この言葉は、仁慈の心をもって善政を行った、中国古代の殷王朝を開いたといわれる湯王(とうおう)が、自分の使用する洗面盤に、「苟(まこと)に日に新たに、日々に新たに、又た日に新たなり」(苟日新、日日新、又日新)《大学》という言葉を彫って、自戒としたという、その言葉である。

要は、日に新たという心掛けを実践していくことが大切で、ほんとうにそれを行えば、次々と自分が新しくなっていくというという意味。

日に新たを心掛けていた松下のエピソード

とにかく、若い時から、松下は、こういう思いを相当強く持っていたようだ。ひとつのエピソードが残っている。

事業をはじめてまもなくの頃か。松下が、特許をとった、ある製品をつくっている工場を見に行った。突然の松下の来訪に、その工場の主任は、驚きつつ、工場内を案内する。案内しながら、「いや、さすが親父さんですね、親父さんが考えはった、そのまま、今も造っております」と説明した。まあ、主任としては、松下に喜んでもらおうという思いもあったのではないかと思う。あるいは、松下を、よいしょしようという気持ちもあったかもしれない。

ところが、その一言を聞くと、松下の顔が急変した。そして、厳しい口調で、

「あんたは、なにをやっとるんや。それで主任か。いつまで、わしが考え造ったものと同じものを造っとるんや。あんたの工夫はどこにあるんや。この製品の、どこにあんたがあるんや」。

その叱責の激しさに、その主任は、真っ青になったというエピソードが残っている。

これは、松下の言葉だが、私の好きな言葉のひとつである。

今年は、去年のままであってはならない。

今日は、昨日のままであってはならない。

そして、明日は、今日のままであってはならない。

万物は、日に新た。

人の営みもまた、天地とともに、日に新たでなければならない。

憂きことの感慨はしばしにとどめ、

去りし日の喜びは、これをさらに大きな喜びに変えよう。

立ち止まってはならない。

今日の営みの上に明日の工夫を、明日の工夫の上に明後日の新たな思いを。

そんな新鮮な心を持ち続けたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。