工作で誰もが使う「ヤマト糊」の圧倒的強さの秘密 家訓「一代一起業」が生んだイノベーション

印刷
A
A

たとえば、納品時のスマートフォンの液晶に貼られている保護シートだ。あるいは、冷蔵庫の扉、冷蔵庫内の可動式棚や引き出しなど、至るところを固定しているシールなどもそうである。いわれてみれば、新品で購入した電化製品を使い始める際には、必ずいくつも保護シールや固定テープを剝がすことに気づく。ヤマトは、こうしたテープ、シールの類も加工販売している。

さらに、先ほど触れたインダストリー事業部の事業内容には「原子力産業」もある。これは自動車産業や製紙産業以上に想像がつかないのではないだろうか。原子力発電所には定期的に検査が入る。その際には精密機器などを保護する必要があるのだが、ヤマトは、そこで使われる養生テープを販売しているのだ。

これは、ただの養生テープではない。原子力発電所で使われたものは、放射能汚染のリスクがあることからすべて焼却処分しなくてはいけない。焼却の際に有害ガスを発生させないことも義務付けられており、ヤマトの養生テープは、「環境負荷がない」という専門検査機関のお墨付きを得ている。

「くっつける」エキスパートとして

このように多岐にわたるヤマトの事業だが、内実を知ってみると、すべてにおいて「くっつける」という企業理念がみごとに通底していることがわかる。それにしても、これだけ分野の異なる幅広い業界との付き合いは、いかにして始まったのか。一番のきっかけとなったのは3代目・澄雄が取り付けたスリーエムとの業務提携だった。

何があっても潰れない会社~100年続く企業の法則 (SB新書)
『何があっても潰れない会社~100年続く企業の法則 』(SBクリエイティブ)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

スリーエムは産業向けの接着剤なども製造している。当初、ヤマトは文具の販売を請け負っていたが、どちらからともなく、産業向けの製品も日本で展開してはどうかという話になった。そこで当時の営業部員たちが国内の各産業を営業して回り、販路を開拓したという。

こうして産業界とのつながりが構築され、やがては産業界の各方面から、何かと何かを「くっつける」ことに関して相談や要望が舞い込むようになった。そして今のような幅広い産業向け商品を販売するに至っているというわけである。ある社員は、こう話す。

「『くっつける』ということを起点に多方面に展開していく。当社はそういう水平展開が得意な会社なのかもしれません」

たしかに、古くは木内弥吉が考案し、継承したヤマト糊から、事務用液状のり、インダストリー事業、さらにはホビー・クラフトと、「物と物をくっつける」というたった1つの機能を横へ横へと派生、拡大させるかたちでヤマトは事業の幅を広げてきた。それが長谷川家の「一代一起業」のかたちである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT