自分を虐待した実母との付き合い方は?

実母から虐待を受けて育った私

グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわからず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、ベストセラー『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏の母親で、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた 著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。
→ミセスパンプキンへの相談はこちらで受付中です。

 

【読者からの相談】

実母について悩んでいます。母の結婚生活は姑や父との折り合いが悪く、いつ離婚してもおかしくない環境で、私たち姉弟3人は育ちました。そしてついに最近、やっと両親は離婚しました。
厳しい親(私の祖母)に育てられた母の子供たちへの目線はいつも高く、昔から私と弟たちを常に比較し、「お前は馬鹿で性格も見た目も悪く父親にそっくりだ、弟たちは大層出来が良く可愛くて仕方ない」というような事を、私が物心つく頃から言い続けてきました。
これ以外にもいろいろと虐められ、昔カウンセリングにかかった際に、私がされてきたことは虐待であると言われました。10歳頃からずっと自殺願望があったほどつらい体験でした。
現在の私は結婚し、二人の女の子を設けましたが、未だに母には極力会いたくありません。子供の行事とお正月以外は連絡も取らず、母からは会う度に遠回しに、もっと会いたい寂しいと言われ、態度にも出されます。
私としては当然の報いであり、子供の行事に呼んで貰えるだけありがたいと思えと思ってしまいます。一方で子供達から祖母を奪ってしまって良いのか、会わせたら私のように傷つけられるのではないか矛盾した思いも抱えています。
この様に拗れてしまった母との関係を、これからどのようにしていくべきでしょうか。
まき(仮名)

 

【パンプキンからのコメント】

母親に復讐しても得るものはなし

まき様はお母様から、「愛されている」という実感を持てずに育ったのですね。カウンセリングにかかられたほどですから、その辛かった体験と深刻度は容易に想像できます。ですから今の貴女が、極力お母様と会いたくない心境だとしても、それは十分にお察し申し上げます。

ところがまき様は、お母様と貴女の可愛い盛りのお子さんたちを年に数回、お母様に対する勝利宣言のように会わせてあげて、もっと頻繁に会えないのは自業自得だと考えるようにしておられるのですね。一方、お子さん方にとってはこの形がベストではないことも感じておられます。ここで敢えて申し上げますが、貴女にとってもベストではありません。そして人を憎むことからは、貴女は何も得られません。ましてそれが親ならば。

次ページ人は欠点だらけ、人生は失敗だらけ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT