iPhoneの顔認証がついに「マスク着用に対応」 「Apple Pay」やアプリのロック解除も可能に

印刷
A
A
3月15日に配信されたiOS 15.4に、ユーザー待望の「マスク着用時のFace ID」機能が加わった(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

コロナ禍になってから約2年、iPhoneのFace IDがついにマスクに対応した。Face IDの顔を再登録し直すことによって、マスク着用時でも認証が可能になる。メガネをかけているユーザーは、手持ちのメガネをすべてかけた状態で顔を登録しておくと認証がスムーズになる。

この連載の一覧はこちら

マスク着用時のFace IDは、通常時と異なり、目の周辺だけの情報で認証を行うからだ。iPhone 12、13シリーズ限定の機能になるが、マスク着用が必須の店舗内などでパスコードを入力する必要がなくなり、利用時のストレスが大幅に軽減される。

ロックを簡単に解除する方法として、Apple Watch着用時にFace IDを省略する設定が用意されていたが、実はこの方法も健在。マスク着用時のFace IDと併用することで、ロック解除をより確実にできるようになる。ここでは、それらの方法とともに、よりスムーズにロックを解除するコツを紹介していきたい。

マスクしたままロックが解除できるように

3月15日に配信の始まったiOS 15.4には、ユーザーから待望されていた機能が加わった。マスク着用時のFace IDがそれだ。Face IDは、単にカメラでユーザーの顔を読み取るのではなく、顔全体にドットプロジェクターで赤外線を照射し、顔の形をモデル化している。写真などで認証ができず、高いセキュリティーが保てるのはそのためだ。

iOS 15.4から、マスク着用時のFace IDを設定できるようになった。初期設定時やOSアップデート時に、この画面が表示される(筆者撮影)

一方で、厳密であるがゆえに、マスク着用時には顔の形状が判別できず、Face IDが機能しなかった。この解決策として、アップルは2021年に公開したiOS 14.5でApple Watchとの連携機能を導入。Apple Watch着用時に一度ロックを外すと、ユーザー認証済みと見なしてFace IDでのロック解除を省略できるようになった。

ただ、この方法はApple Watchが必須になってしまううえに、iPhoneそのもののロック解除にしか利用ができなかった。Face IDはApple Payで決済する際の認証や、App Storeでアプリなどを購入する際の認証、さらにはアプリのロック解除にも利用される。こうした機能が利用できないこともあり、Apple Watchだけで根本的な解決がされたとは言えなかった。

次ページ新しくなった「マスクありFace ID」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT