人間模様を描きすぎ「怪作になったゲーム」の正体 遊んだ人は阿鼻叫喚、感情がひどくかき乱される

印刷
A
A
もう1人の主人公といえる「アビー」。彼女の存在はひた隠しにされていました(画像はPlayStation公式サイトより)

このアビー、実はジョエルやエリーに恨みを持っています。そう、『The Last of Us 2』は単なるエリーの復讐譚ではありません。むしろジョエルとエリーが前作でとった行動が暴力の連鎖を呼び、さらなる凄惨な結果を招く、複雑で残酷すぎる話なのです。

前作でプレーヤーはジョエルやエリーに感情移入できていたため、彼らの行動が間違ったものではないと確信できました。しかし、続編ではそれを間違っていると主張するアビーというキャラクターが出てきてしまう。おまけに、『The Last of Us 2』ではアビーの事情や心境についても丁寧に描写しているのです。

リアリティを追求しすぎた結果、苦い体験が待ち受ける

単なる勧善懲悪ではなく、過去の自分の行動が間違っていたと突きつけられる。おまけに、恨みを持っている相手にもきちんとした理があるとわかっていくのです。こうなるとプレーヤーは混乱し、理解を拒む可能性もあるでしょう。それこそ怒り狂って本作をひどいゲームだと言い始めたり、何かに怒りをぶつけだしたりもするかもしれません。

この連載では傑作ゲームを紹介していますが、『The Last of Us 2』は単純に多くの人が楽しく遊べるようなゲームではありません。むしろリアリティを追求しすぎた結果、苦虫を噛み潰すかのような体験が待ち受けている作品なのです。とはいえ、それでも私は本作を傑作と呼ぶべきゲームだと思っています。

前作と同じく、『The Last of Us 2』でもこちらを本気で殺そうとしてくる感染者との戦いは緊張感にあふれていますし、人間の敵は賢くなって犬をけしかけてくるようになりました。また、アビーを操作する場面では特別なシチュエーションもいろいろと用意されています。

崩壊した世界は美しく、これが復讐の旅でなければ素直に感動できたことでしょう。ここまでグラフィックに力を入れているゲームなのに、それがどこか薄暗く見えてしまうほど、エリーの復讐の旅は汚れたものになっています。

力の入っているグラフィック(画像はPlayStation公式サイトより)
次ページプレーヤーに対する配慮はきちんとしている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT