ウクライナをヨーロッパはなぜ「静観」するのか EUが今回の紛争を解決できない歴史的理由

印刷
A
A
2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻でEUは緊急会合を開いた。EUの政策執行機関である欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、EUとして有効な対策を打てずにいる(写真・2022 Bloomberg Finance LP)

アゼルバイジャンにクルバン・サイードという人物が書いた『アリとニノ』という小説がある。アゼルバイジャンでは有名な小説だ。その冒頭に興味深い話がある。アゼルバイジャンの首都バクーのロシア人高校での話である。

進歩的ヨーロッパと反動的アジア

教師のサニンが生徒に向かってこう問いかける。アゼルバイジャンの都市バクーは、ヨーロッパに属するのか、それともそうでないのかと。「わが町は、進歩的ヨーロッパに属しているのか、反動的アジアに属しているのか、それを判断してほしい」と。これは1937年に出版された本であるから、ソ連時代ということになろう。

反動的とは、改革や革新に反対する姿勢のこと。教師は当然、生徒は全員ヨーロッパだと答えるだろうと期待していたのだが、あにはからんや生徒は「アジアです」と答えたのだ。主人公アリも、その仲間も次々とアジアだと答える。イスラム教徒たちはアジアが好きだと答えるのだが、教師は反動的アジアが好きであることに怒り、教室を去る。

ここで問題なのは、ヨーロッパは進歩的で、アジアは反動的であるという見解だ。日本人であるわれわれも、反動的アジアの一員であるより、進歩的アメリカやヨーロッパであることがいいと内心思っている。しかし、この生徒たちはむしろ逆にアジアであることを誇示するのだ。

コーカサスから中央アジアに至る地域は、イスラム圏だ。バクーの旧市街は、中東の市街そのものである。これらの地域は19世紀ロシア帝国の侵攻を受け、やがてソ連邦の共和国となり、ヨーロッパ文明の洗礼を受ける。しかし多くの人々は、長い間アジア文化の中にいたので、ヨーロッパであることを、容易には受け付けない。

次ページビザンツ、オスマン帝国をヨーロッパから見ると
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT