出張帰りに1杯飲める! 新幹線で潤う北陸

3大シンクタンクが読む2015年の日本<第2回>

北陸新幹線は、どんなインパクトをもたらすのか?(写真:ゆうじ / Imasia(イメージア))
 2014年も、残すところあと1カ月強――来年はどんな年になるのか、そろそろ気になり始める頃だろう。そこで、日本を代表する3大シンクタンクであるみずほ総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、野村総合研究所に、6回にわたって、2015年の日本を予測してもらう。
 第2回を執筆するのは、『2015年 日本はこうなる』を上梓した三菱UFJリサーチ&コンサルティングの主任研究員、妹尾康志氏。北陸新幹線長野~金沢開業のインパクトを解説する。 

移動時間短縮で出張族も飲食をもっと楽しめる

2015年の経済社会を予測したハンドブック。日本と世界の経済情勢や金融市場・商品市場の動向のほか、産業・企業経営・職場・地域・ライフスタイルに至るまで、多方面の最新トレンドを86のキーワードで解説する。

2014年度中とされていた北陸新幹線の金沢延伸。8月27日のJR東日本とJR西日本の共同リリース「北陸新幹線 長野~金沢駅間開業に伴う運行計画の概要について」(以下、「運行概要」)で、2015年3月14日開業と正式に発表されました。北陸を走る初めての夢の超特急は、地域にどのようなインパクトを与えるのでしょうか? 観光面を中心にみていきたいと思います。

まずは、移動の所要時間の大幅な短縮が注目されています。「運行概要」によれば、最も速い「かがやき」は、東京から富山まで2時間8分、金沢まで2時間28分。現在の上越新幹線と特急はくたか号を乗り継ぐのと比べ、富山で約1時間、金沢で約1時間20分の短縮です。

所要時間は航空機を利用した場合と比べても大幅に短くなり、移動で疲れたくない出張族にとってはうれしいところ。また、家族連れで移動するファミリーにとっても、子どもの体力や集中力の持続時間を考えれば、1時間以上の短縮という数字はインパクト大でしょう。

次ページ出張客の飲食需要が高まる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT