ウクライナから脱出する男性「今心配している事」 現地を離れる人、遠くから家族見守る人の思い

印刷
A
A

「彼女の両親も祖母も故郷に居続けることを選びました。彼女には弟がいますが、18~60歳までのウクライナ人男性は出国できないし、彼はいずれ徴兵されるでしょう」

ドニプロからポーランド国境に近い街リヴィウまでは通常時でも電車で18時間以上かかる。現在のような状況なら24時間以上かかってもおかしくはない。高齢者が移動するには厳しいだろう。家族と離れて自分たちだけ国外に逃避するなんてできないと、涙ながらに抗議されたという。

「ウクライナの女性は私が知る限り、世界で最もたくましいですね。自立していてバリバリ仕事をしながら、家事や親、子供やダンナの世話までなんでもこなす。気も強いしね。また、これは女性に限ったことではありませんがすごく頑固なので、こうと決めたらちょっとやそっとでは考えを変えません」と苦笑するケリーさん。

ウクライナを離れることに

侵攻が始まって以降、Facebookでグループを立ち上げ、食料や医薬品などの入手に困っている人たちのサポートに努めていたケリーさんだが、とうとうウクライナを離れることを決断した。

ドニプロ川の河岸に位置するドニプロの街。現状は厳しい攻撃を受けていない(写真:ケリーさん撮影)

大きな理由は、ハリコフの惨状が伝わってきたことと、ドニプロ出身でスぺインに移住した知人から「(まだドニプロにいる)妹を連れて逃げてほしい」と頼まれたことだ。確かに、若い女性が1人で逃避行するのはリスクが高い。ほかにも「逃げたいけど自分と娘だけでは怖い」とためらっていた女性も一緒に逃避することになったという。

「彼女たちを安全な場所まで連れて行ったらドニプロに戻ってきたい。でもどうなるかわかりません(ケリーさん)」

ケリーさんが最も憂慮しているのは、事態の長期化で食料や医薬品などの生活必需品が不足することだ。

「今はお金があればモノは買えます。でもこの状況が長期化すれば供給が追いつかなくなるでしょう。例えば、赤十字など信頼できる組織が責任をもって物資の供給を確保してくれることを望みます」

次ページ家族が東部の激戦地に住むウクライナ女性
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT