21世紀の国際政治を形作るパワーは何か--ハーバード大学教授 ジョセフ・S・ナイ

世界政府が21世紀に誕生する可能性は薄い。しかし、すでにさまざまな形でグローバルなガバナンスは存在している。世界には、通信や民間航空、海洋投棄、貿易、核兵器の拡散を規制する、何百もの条約や制度、体制がある。

だが、そうした制度だけでは十分ではなく、大国の指導力が必要となる。ただし、今世紀中に大国がそうした役割を担うかどうかは不透明だ。中国とインドの力は増大しているが、両国の行動は変わるのだろうか。21世紀中葉に、米国、中国、インドの三極世界が形成すると予想されているが、皮肉にもこの3カ国は自国の主権維持に最も熱心だ。

以前、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁は、中国は“責任あるステークホールダー”になると主張した。一方で、力が強まるにつれて、自分の考えを押し付け、独自の国際制度を作るのではないかという声も上がっている。

欧州連合は国家主権を制限する実験に取り組んでおり、制度改革を推し進めるかもしれない。ただし、世界が1945年の国際連合創設と同じような“世界憲法制定の好機”に恵まれるとは思えない。現在、国連は世界機関として法律の制定、危機外交、平和維持、人道的使命を果たすうえで極めて重要な役割を果たしているが、それ以外の役割を果たすには規模が小さすぎる。

2009年に開かれたコペンハーゲンでの国連気候変動首脳会議のように192カ国もの首脳が集まる会議で、具体的な解決策に合意するのは難しい。最近、クリントン米国務長官は、「国連は依然として最も重要な国際機関であるが、いつもその限界を思い知らされる。国連はすべての問題に取り組むために設立されたわけではないし、
そうであってはならない」と語っている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT