新ドラマ低調は、クドカンのせいじゃない!

「ごめんね青春!」視聴率にモノ申す

「あまちゃん」(NHK)の次の作品ということで注目を集めている宮藤官九郎さん脚本のドラマ「ごめんね青春!」(TBS系、毎週日曜夜9時)。ドラマ自体は、クドカンドラマのファンから熱狂的な支持を受けているのに、最近数回の視聴率は残念ながら6~8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。これには宮藤さんも戸惑いを隠せないようです。

今月4日、宮藤さんは、ニッポン放送「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」に出演。この日はフリートークの回で、番組冒頭から苦戦する「ごめんね青春!」の視聴率について言及しました。「宮藤さん、どんまい!」「ごめんね青春!、大好きすぎて3回も見ています!」「女性の心をつかむのがうまい!」と励ましのメールがたくさん届く中、

「オレの感覚がみんなからズレてるのか。オレがズレてるんだなと思うと、不安になっちゃって。オレが面白いって思うってことはダメなんじゃないかって」

と悩みを吐露。宮藤さんご本人はこの番組をとても面白いと思っていて、ツイッターでも宣伝しているそうが、この回のご本人の落ち込みぶりは尋常ではありませんでした。

筆者はこのニュースを読んだとき、「いや、宮藤さんは全然、ズレてない! ズレているのは編成だ!」と思わず叫びたくなりました。それが本日の趣旨です。

このテーマで、21時台……?

「ごめんね青春」はいわゆる学園ドラマ。テーマは「青春」と「愛情」。

TBSの公式サイトによれば、「いじめや不登校などなく、トイレでお弁当を食べる生徒や大金持ち、超ビンボー学生も出てこない。閉塞感が漂うことなく、明るく楽しい “理想郷のような学園生活”を奇をてらわずに描いていく」ドラマです。

舞台は静岡県三島市。経営難を理由に、男子校と女子校が合併に向かって動き出すところから物語は始まります。

男子校は、駒形大学付属三島高校。仏教系の低偏差値校。通称、東高(トンコー)。女子校は、聖三島女学院。カトリック系の進学校。通称、三女(サンジョ)。

次ページ家族で見るには、下ネタ多すぎ……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。