使用人600人!「世界最高額の豪邸」の持ち主

リライアンス財閥総帥の栄華

ムンバイの街中にその豪邸はある(写真:ロイター/アフロ)

世界一の豪邸がインドにあることをご存じだろうか。米フォーブス誌による「世界で最も高価な邸宅ランキング」のトップに、ムンバイ南部にある「アンティラ」と呼ばれる邸宅が選ばれている。

通常のビルの60階建てに相当

これが「世界一の豪邸」の外観(写真:ロイター/アフロ)

邸宅とはいうものの、その高さは通常のビルなら60階建てに相当する(高い天井が多用されているため、実際のフロア数は27)。総工費は10億ドルとも20億ドルとも伝えられるこの邸宅の内部には、ゴージャスな居住空間のほか、168台を収容可能な駐車場、スイミングプール、映画館などがあり、600人の使用人が働いている。

この豪邸の持ち主は、いったい誰なのか。インド3財閥の一角、リライアンス・グループ創業者の長男であるムケシュ・アンバニ氏(1957~)である。

父の故ディルバイ・アンバニ氏(1932~2002年)はインド産業界でも指折りの立志伝中の人物だ。リライアンス・グループはグループ全体の売上高が750億ドルと、インドのGDPの3.5%に相当する規模を誇る。事業分野は繊維、石油・ガス、金融、電力、通信、小売りなど広範囲にわたり、インドの総輸出額の10%を占めている。この巨大企業を、ディルバイ・アンバニ氏は一代で築き上げた。

同氏は、草創期に始めた繊維事業にちなんで「ポリエステル・プリンス」と呼ばれ、触るものすべてを黄金に変えた、とまで言われている。起業家としての彼の歩みは「Guru」というタイトルで映画化され、インド国内で大ヒットした。

次ページ大成功を収めた創業者
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT