インド老舗たばこ企業のサプライチェーン革命

100年企業の「ITC」が成し遂げた大変革!

(写真:ロイター/アフロ)

インドではイギリス統治下に始まった企業が多くある。そうした企業のひとつがITCだ。ITCは、西ベンガル州コルカタに本社を置くインドのコングロマリット(複合企業)である。1910年に国営のタバコメーカー、インペリアル・タバコ・カンパニーとして発足。のちに民営化し、2010年に100周年を迎えた。2013年の年商は80億ドル超で、足元の時価総額は約450億ドルである。インド全土の60以上の拠点で、2万5000人を超える従業員が働いている。

国内シェア80%を占めるITC

ITCは祖業のタバコ製造から多角化し、現在はホテル、製紙、包装資材、農産物事業、食品・菓子類、アパレルなどの事業を展開。タバコは今日でも看板事業で、ITC1社でインド国内のタバコ販売量の実に80%を占めている。「ゴールドフレーク・シガレット」ブランドは、タバコの代名詞のように有名だ。ちなみにインドでは3億人近い人がタバコを喫煙しており、市場規模は70億ドルを超える。

ただタバコはインドではもはや喫煙を奨励されておらず、反タバコ立法が導入されてもいる。そんな中でITCはタバコ以外のビジネスに積極的に進出し、成功した。インドでは、ITCという名前は長い間タバコと同意語であったが、ITCは非タバコブランドを築いたのだ。たとえば、ITCはインド最大の食品販売会社でもある。ナンのような主食であるチャパティを作る小麦粉や各種スナック、インスタント食品、菓子類などを手掛けている。こういった商品を、都市部の高級ショッピングモールから農村部奥地の小規模店舗まで、約200万の小売店ネットワークに供給している。

次ページそのネットワークとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT