NYで築109年の家が50億円で売れた! 億ション売れまくるNY住宅市場の狂乱

拡大
縮小
マンハッタン中西部の「ハイライン」の周りには次々と新たなアパートやコンドミニアムが建設されている

まるで新手の不動産展示場のようだ。

空中庭園の両脇には雨後の竹の子のごとく高級アパートメントが次々と建設されている。ニューヨーク・マンハッタン中西部に位置するハイライン。かつて鉄道が走っていた高架線は長らく廃墟と化していたが、2009年に全1.45マイル(2.32キロメートル)空中緑道公園として再開発され、オープンした。

マンハッタン中西部は最寄りの地下鉄駅からのアクセスも悪く、開発が遅れてきたが、ハイラインの誕生で周辺事情は一変。今やマンハッタン随一のホットな地域となり、ニューヨーク・タイムズ紙によると、同地域の不動産価値は2003年~2011年で約2倍に膨らんだ。

世界中のマネーや人が集まるニューヨーク。金融危機以降、不動産価格は低迷し、新規案件の開発や売買などは凍結されてきたが、近年は再び市場が活性化し始めている。実際、多くの不動産関係者は「市場動向はリーマンショック前の水準に戻ってきた」と口をそろえる。

中でも需要が膨らんでいるのが高級分譲物件だ。米不動産大手コルコランによると、マンハッタンの住居用不動産の平均半版価格は今年(2014年)4~6月期に169万ドル(約1億7700万円)と、前年同期比2割以上上昇した。近年の資産高により、株や不動産など金融資産保有者がますます資産を蓄積する、という経済状況にあって、所得上位1%とも0.1%とも言われる超富裕層による消費意欲が旺盛なことが背景にある。

ベッドルームから摩天楼一望

今、もっとも話題になっている高級コンドミニアム(マンション)と言えば、マンハッタン西57丁目にある「One57」だろう。90階建ての92室で広さは94~1259平方メートル。価格はもっとも高いペントハウスで9000万ドル(約95億円)に上る。すでに7割が売れている状態で、ファッションブランド、マイケル・コースの大株主ローレンス・ストロール氏や、同ブランドの新規株式公開(IPO)で巨万の富を得た香港人のサイラス・チョウ氏などの名前が購入者としてあがっている。販売担当者によると、米国人と「外国人」の購入比率はほぼ半々という。

次ページそのうちの1室を訪ねてみた!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT