「世界一」の可能性は30%、いいなら実行[下]

柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長に聞く

商品でもマーケティングでも、重要事項は細目に至るまで全部目を通す。「これ、違う。変えてくれ」。柳井は「経営は砂上の楼閣」と思っている。「一瞬でも気を抜いたら、そのとき、全部が崩れる」。

「オレがオレが」と突出する人間も許さない。「一定の部分で優れているからといって、全部を自分勝手にする。そんなこと許されない。能力があっても、自己主張だけでチームプレーができない人はいらないですよ。いらないよ、そんな社員」。

しかし、感情的な好悪で差別することはいっさいない。だから、感電被害者も後腐れない。人材会社スピリッツ社長の竹内薫は18年間、ユニクロの採用政策にかかわり、「ユニクロOB会」を主宰している。「年1回、100人集まって3時間のどんちゃん騒ぎ。『当時は頭に来たが、あれが自分の原点』と、みんなが言う」。副社長だった澤田も、定期便のように、柳井の許に顔を出す。

後継者を育てる最良の手段は「任せる」こと

とは言え、世間は柳井を「超カリスマ経営者」視し、柳井自身、全権を再掌握した05年以降の成果に自信を深めている。社員にとって社長との距離感は広がる一方だろう。今春、幹部養成機関としてFRMIC(ファーストリテイリング・マネジメント&イノベーション・センター)が開校した。GEのクロトンビルに範を取り、全社から選抜した200人を鍛え上げる。しかし、古来、後継者を育てる最良の手段は坐学ではない。「任せる」ことだ。

10年前のインタビューで、柳井は「先生」を3人挙げた。松下幸之助、本田宗一郎、父親である。

幸之助は一事業部長の山下俊彦に全権を委ねた。宗一郎は片腕の副社長・藤沢武夫とともに一線を引き、キレイさっぱり若手に後を託した。

そして父親。父の洋服屋を継いで間もなく、大半の店員に愛想を尽かされ、逃げられた柳井に、父は会社の通帳と実印を手渡した。そこから経営者・柳井の歩みが始まった。

父の葬儀で「人生最大のライバルでした」と涙であいさつした。世界チャンピオン有資格者は、ライバルを越えられるか。最終ラウンドのゴングが鳴り響いている。=敬称略=

(撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年10月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング