「世界一」の可能性は30%、いいなら実行[下]

柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長に聞く

柳井は『わがドラッカー流経営論』を上梓するほど、ドラッカーに傾倒している。「いつも、もやもや考えている。どうしたら、本質的にいい会社を作れるのか。どうしたら、人はモラール・アップするか。ドラッカーを読むと、あ、僕が考えていたのは、こういうことなんだ、と」。

ドラッカーは本質を書く。それが可能なのは、自著『傍観者の時代』にあるように、「傍観者」だったから。オーストリア帝国の崩壊、大恐慌、共産主義、ファシズムの台頭という大激動の中で醒めていた。あえて距離を置くから、見えてくる。

柳井も熱くならない。つねに、クールに状況を客観化する自分がいる。生まれついての性分もあるが、このスタンスは読書で鍛えられた。

ちょっと前まで、新幹線で眠りこけるサラリーマンを見ると思った。「こいつら、何で寝るのか。もったいない」。暇があれば読書。読むのは主に、経営者が書いた本だ。「この経営者は本当は、何を考えているのか。彼はこうしたが、自分ならどうするか」。著者と対話することによって、相手も自分も客観化する。より本質的に考える癖がついた。

だから、同じスタンスのドラッカーがストンと落ちる。とりわけ『イノベーションと起業家精神』に教えられた。ドラッカーは書く。「霊感や天才によるイノベーションは、二度と行うことはできない。目的意識、分析、体系によるイノベーションだけが、論ずるに値する」。柳井のイノベーションが正しくそうだった。

感電被害者の山 どうする後継者

00年4月、柳井は全役員を引き連れ東レに乗り込んだ。ユニクロ側はノー・ネクタイ。東レ側は会長(当時)の前田勝之助以下、全員が紺のスーツ。柳井の提案は二つ。一つ、ユニクロ専門の部署を作ってください。二つ、その部署のトップは社長に就任していただきたい。勢いがあるとは言え、ユニクロと名門東レでは格が違う。が、臆するところのない柳井に、かえって前田が感動した。

次ページ紡績糸がありえない数字になった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング