打倒iPhone ドコモ、auが反撃

打倒iPhone ドコモ、auが反撃

異例尽くしの記者会見だった--。4日、KDDI(au)が都内で行った新端末発表会。冬の目玉商品に位置づけるスマートフォン(高機能携帯電話)「IS03」のお披露目の場に、端末メーカーであるシャープの幹部が同席したからだ。

かつてシャープはソフトバンクとNTTドコモ向けにいち早く最新端末を投入する一方、au向けは最も手薄だった。

だが、「アイフォーン」にしか目がないソフトバンク、幅広い海外端末調達に力を入れるNTTドコモを尻目に、国内端末メーカー首位のシャープが満を持して参入したスマートフォンで、選んだ相手はauだった。一方、同市場で大きく出遅れたauもシャープを自陣営に取り込むことで起死回生を図る狙いがある。

シャープと組んだau 従来機能に活路探る

今回両社が共同開発した端末はアイフォーンとは違う特色を強烈に打ち出した。あえて世界共通仕様としなかった点だ。電子決済機能(おサイフケータイ)やワンセグ、赤外線通信など日本の従来端末でユーザーからの需要が根強い機能を搭載することで差別化する。12月に社長就任するKDDIの田中孝司専務は「かつて社内には『スマートフォンは一過性のものではないか』という見方もあったが、すでに状況は一変した」と過去の状況判断を反省。18日の新端末発表会では、さらに複数機種のスマートフォン投入を予定し、ようやく新たな市場に舵を切り始めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。