打倒iPhone ドコモ、auが反撃


中高年層にも拡大期待 救世主スマートフォン

スマートフォンが飽和状態だった業界全体の救世主となったことは間違いない。すでに先端的なユーザーから一般層へと裾野が拡大。「画面が大きく、タッチパネルで直感的な操作ができる究極の簡単ケータイ」(日興コーディアル証券の森行眞司アナリスト)との評が少なくなく、今後は中高年などデータ通信を利用してこなかった層への浸透が期待される。

メールなど最小限のデータ通信機能しか使っていなかった層のネット利用が促進されれば、データ通信収入が底上げされるのは確実。「iモードや音楽配信サービスと同じか、それ以上の商機となりうる。業界全体がメリットを享受できるフェーズに入る」(森行アナリスト)。2台に1台がスマートフォンに移行する数年後、業界の覇者となるのは誰か。

◆NTTドコモの業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2010年10月23日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング