超ホワイト企業は“怒りの芽”をうまく摘む

未来工業ではなぜ社員が能動的に動く?

しかし、未来工業株式会社では、相手の怒りのもとを見極めたうえで、不満の解消策を図ったと言えるでしょう。

さらに特筆すべきは、労働時間数が短くとも、業績が好調だということ。従業員数1136名にして、連結売上高は352億円(2014年3月期)で、前期実績から増収増益。また、業界で圧倒的なシェアを誇る自社製品も多く、施工業者からの評判も高いそうです。

60歳以上の社員の平均年収は約700万円とのこと。「日本一幸せな会社」と呼ばれるのもうなずけます。

「第1次感情」を見極めよう

さて、ここで怒りが発生するメカニズムについて説明しておきます。前連載である『フェデラー選手も学んだアンガーマネジメント』の第4回「無用なケンカを回避するこんな方法」に詳しく書いたことですが、怒りは第2次感情(セカンダリー・エモーション)といって、それが発生する前には必ず第1次感情(プライマリー・エモーション)というネガティブな感情の蓄積があります。

ネガティブな感情とは、不安、ストレス、悲しみ、苦痛、身体的な辛さ、妬み、自分の弱さ、絶望感、悲観などですね。長時間労働や休暇の少なさは、ストレスや身体的な辛さを生み、高年齢労働者の賃下げは、将来への不安につながり、育児休業を取得する女性労働者への冷遇も、同じく大きな不安や絶望を呼ぶことでしょう。

近年、職場での妊婦への不理解や冷遇を指す「マタニティ・ハラスメント」という造語ができ、社会問題としてもクローズアップされています。これはまさに、冷遇をされてきた女性労働者たちの「怒りの声」でもあります。

広島市の理学療法士の女性が、妊娠をきっかけに配置転換され、勤務先の病院を訴えていた裁判では、この事業者の姿勢を最高裁が厳しく批判する結果となりました。これは怒りの声が届いたと言えるでしょう。

未来工業株式会社の社員有効活用法は、働く人の第1次感情をしっかり見極めて、怒りの芽を摘んでいたと言えます。そして、怒りの芽を摘むことで、「自分たちは大切にされているのだ」と感じさせ、「頑張らなければ」という気概から積極的、能動的に働くようになるのでしょう。

次ページ好意には好意が、怒りには怒りが返ってくる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT