細野豪志氏、「旗揚げ」をした狙いとは?

"八方美人"を脱して自らの派閥を結成

民主党の細野豪志元幹事長が動き出した。中央公論10月号に「わが民主党改革宣言」を寄稿し、その「旗」を掲げたのだ。細野氏は今年1月に「自誓会」を結成。4月に開かれた派閥立ち上げパーティーには、目標の1000人を大きく上回る1600名が参加している。

細野氏は「一強多弱の政治状況を変える」と述べるが、その目指すところは何なのか。そして民主党が失った国民の信頼をどのようにして取り戻すつもりなのか。その戦略と本音を聞いた。

民主党が「政権交代の受け皿」とは見られていない

(撮影:尾形文繁)

――順調に見えた安倍政権も、改造後は2大臣が辞任するなど躓きが見られるが。

閣僚が辞任したことは確かに政府自民党にダメージになっている。ただ政権支持率は下がっているが、民主党が受け皿になりきれているわけではない。安倍政権がダメだから民主党を応援しようとか民主党を支えようという流れにはなっていない。

――それは国民が望んでいることを民主党がいまだ受け止めていないということか。

個別の政策についてはいろいろな課題がある。しかしそれ以前に、民主党という政党はいざというときにばらばらのままで、最後まで一つにまとまらないというイメージが大きい。党のガバナンスが国民の信頼を得ていないのだ。それを取り戻さない限り、どんな素晴らしいことを主張しても国民の支持は戻ってこない。そこが一番深刻だ。

次ページなぜ「旗」を揚げたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。