南場智子・DeNA社長--ソーシャルゲーム・プラットフォーマーとして世界を獲る

南場智子・DeNA社長--ソーシャルゲーム・プラットフォーマーとして世界を獲る

--グリーとはソーシャルゲームで正面から競合する一方、ミクシィとは連携を発表した。

ソーシャルゲーム会社が提供するプラットフォームはいくらでもあり、当社のモバゲーやグリーだけでなく、ハンゲームやミクシィなど、プラットフォームとしていい切磋琢磨になっている。

そうはいってもプラットフォームごとに特徴があり、利用者からすると使い方に違いがある。リアルな人間関係のミクシィと、ゲーム色を戦略的に強めている当社とでは、利用者から見てあまりバッティングはない。であれば、ミクシィとはむしろコラボレートしようという話だ。

すでに、ミクシィ上で当社の有力なソーシャルゲームの「怪盗ロワイヤル」を展開している。当社ではECサイトも運営しているが、そこへミクシィの機能を取り入れることもできるだろう。当社の利用者が全員ミクシィ会員になってもいいし、逆でもいい。

人間はだれでもいくつかのモードがあるじゃないですか。仕事をしたいとか、友人とつながっていたいとか、あるいはフッと気を抜いてゲームだけの世界で遊びたいとか。そんな違うモードをそれぞれが捕らえてサービスができればいい。

リアルな人間関係(ソーシャルグラフ)を核にした方向性は考えていない。当社は、オークションからショッピング、モバイルーオークション、アフィリエイト、モバゲー、SNS、ソーシャルゲームと、2年ごとに新しい事業の柱を打ち立てて来た会社なので、未来永劫、リアルなソーシャルグラフのビジネスをしないとは言えないが、今は考えていない。

--国内では、ヤフーと組んでパソコン向けのソーシャルゲームに力を入れている。

パソコン上のソーシャルゲームプラットフォーム「ヤフー!モバゲー」は、ゲーム会社70社から100タイトルのゲームを揃えて10月にスタートする。スタート時点としては非常に満足がいくタイトル数になっている。売り上げ見通しなどは言えないが、これから激しくプロモーションを展開してユーザーを取り込んでいく。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。