南場智子・DeNA社長--ソーシャルゲーム・プラットフォーマーとして世界を獲る

南場智子・DeNA社長--ソーシャルゲーム・プラットフォーマーとして世界を獲る

--グリーとはソーシャルゲームで正面から競合する一方、ミクシィとは連携を発表した。

ソーシャルゲーム会社が提供するプラットフォームはいくらでもあり、当社のモバゲーやグリーだけでなく、ハンゲームやミクシィなど、プラットフォームとしていい切磋琢磨になっている。

そうはいってもプラットフォームごとに特徴があり、利用者からすると使い方に違いがある。リアルな人間関係のミクシィと、ゲーム色を戦略的に強めている当社とでは、利用者から見てあまりバッティングはない。であれば、ミクシィとはむしろコラボレートしようという話だ。

すでに、ミクシィ上で当社の有力なソーシャルゲームの「怪盗ロワイヤル」を展開している。当社ではECサイトも運営しているが、そこへミクシィの機能を取り入れることもできるだろう。当社の利用者が全員ミクシィ会員になってもいいし、逆でもいい。

人間はだれでもいくつかのモードがあるじゃないですか。仕事をしたいとか、友人とつながっていたいとか、あるいはフッと気を抜いてゲームだけの世界で遊びたいとか。そんな違うモードをそれぞれが捕らえてサービスができればいい。

リアルな人間関係(ソーシャルグラフ)を核にした方向性は考えていない。当社は、オークションからショッピング、モバイルーオークション、アフィリエイト、モバゲー、SNS、ソーシャルゲームと、2年ごとに新しい事業の柱を打ち立てて来た会社なので、未来永劫、リアルなソーシャルグラフのビジネスをしないとは言えないが、今は考えていない。

--国内では、ヤフーと組んでパソコン向けのソーシャルゲームに力を入れている。

パソコン上のソーシャルゲームプラットフォーム「ヤフー!モバゲー」は、ゲーム会社70社から100タイトルのゲームを揃えて10月にスタートする。スタート時点としては非常に満足がいくタイトル数になっている。売り上げ見通しなどは言えないが、これから激しくプロモーションを展開してユーザーを取り込んでいく。


人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。