学校では習わない「上手な絵の描き方」裏ワザ3つ 「知識もセンスも不要!」誰でもできるコツは?

印刷
A
A
学校で教えてくれない、身近なものを使って「上手な絵」を描く方法とは?(写真:YosukeNakada/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)
世界で最も人気のある著名な絵画講師のひとりで、アメリカの大人気番組『マーク・キスラーのイマジネーション・ステーション』の司会を長年、務めるマーク・キスラー氏。
優れたテレビ番組、テレビ業界の功績に与えられる、最も権威ある文化賞のひとつ「エミー賞」も受賞し、2011年に出版した初の著書『You Can Draw in 30 Days』(未邦訳)は、世界中で大ベストセラーとなるほど人気を博している。
そのキスラー氏がこの度、前著をさらに進化させた「超時短30分バージョン」として、「キスラー式メソッド」をすべて1冊に凝縮した『誰でも30分で絵が描けるようになる本――たった「4つのステップ」で、驚くほど絵が上手くなる!』を上梓した。
「わかりやすく」「親しみやすく」「ユーモアに満ちた」解説が添えられた本書は、キスラー氏にとって待望の初の日本語の訳書で、日本でも発売後たちまち大増刷するなど、話題を呼んでいる。
「誰でも30分で絵が描けるようになる!」という「キスラー式メソッド」はどんなものか。本書の内容を再編集しながら、「学校で教えてくれない『上手な絵』を描く裏ワザ」について解説する。

「思い込み」が絵を苦手にする!?

「絵を描く」ということについて、みなさんはどんな風にお考えでしょうか?

『誰でも30分で絵が描けるようになる本:たった「4つのステップ」で、驚くほど絵が上手くなる!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

私が長年、たくさんの大人たち、子どもたちに向けて絵の描き方を教えるなかで、「絵を描くこと」を難しく考えている人がとても多いことに気がつきました。たとえば、「フルーツを盛った皿と何時間もにらめっこする」とか、「美術館で半日近くかけてスケッチする」という風に捉えているのです。

でも実際には、絵が描けるようになるためには、膨大な時間も、特定の場所も必要ではないのです! そのことを多くの人に伝えたくて「あっという間に絵が描ける実践的な方法」として「キスラー流30分方式」を考えました。

私の「30分方式」では、絵を「賢く、すばやく、きれいに」描くための「小ワザ」がたびたび登場します。おそらく学校の美術の時間には教わらなかった方法、あるいは「邪道」とされてきた方法かもしれません。

しかし、これまで「当たり前」とされてきた教え方だと、子ども時代にとんでもない努力をしなければならず、結局は絵を描くのが嫌いになってしまうと私は考えます。

それよりも、簡単な「小ワザ」を使って「自分にも描けた」という体験を持ち、「絵を描くコツ」をつかんだほうが、くり返し創作活動をする意欲が生まれ、上達につながると思うのです。では、キスラー流の「小ワザ」を詳しく説明していきましょう。

次ページ「ワインボトル」の形をすばやく描くには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT