(第40回)【インタビュー編】「顔の見える就職と採用」を掲げるパフ・釘崎社長に聞く「本当の就職活動」

●採用情報の中の「ウソ」はホントか?

 ここで企業の発信する採用情報の「ウソ」について考えてみたい。まず採用情報はすべてPRであることを理解しておく必要がある。企業情報は、就職ナビ、採用ホームページ、入社案内などから得られるが、どんな形式の記事やデータであっても、その目的は自社を格好よく見せ、学生の志望動機を形成することにある。
 社員紹介でも学生受けする人物が選ばれるのが当たり前。「コンプライアンス」「CSR」「環境」といろんな言葉が書かれているが、要するに「立派な企業」と言いたいのだ。
 これらの言葉がウソかと言えば、見方によって変わってくる。明確なウソを公表することはできないし、事実に反していればすぐに「2チャンネル」や「みん就」に書かれてしまう。たぶんそういう意味でのウソは少ないはずだ。

 ただし、次のようなウソはある。たとえば「説明会は弊社を理解してもらうためのもので、選考するわけではありません」と言っていたのに、選考の場にしている企業は結構ある。
 「オープンエントリー制で人物本位採用。学校名は選考に関係ありません」も怪しい。人物本位だから面接で決めるのかと思うと、事前にふるいをかけている。材料はテストの結果とエントリーシートだが、学校名が関係している可能性も高い。
 また、学生の不満を読んでみると、「企業は学生に約束を守れ、マナーは守れ、といっているのに、社員の態度が横柄」「結果を連絡してくれなかった」「面接で3時間も待たされた」とマナーがなっていない企業も多いようだ。
 弱い立場にある学生が、大人(企業)はウソつきと思ってしまうのも無理はない。

●「大人はウソをつく」で就活を終える学生

 ウソがあるかないかは別にして、企業の採用活動を見ていると、形骸化していることは事実だと思う。スケジュールとしては春のうちに夏休みの「1dayインターンシップ」を計画し、夏前には就職ナビを選定し、採用ツールの制作会社を決めるコンペを行う。夏から採用ツール制作に入っていき、10月1日の就職ナビの正式オープンが1つの節目。
 それから未完成のホームページや入社案内の制作を継続し、11~12月に完成。1月からはセミナーの準備と実施に入り、3月、4月にヤマ場が来る。そして連休前には大手企業を中心にした第1波の就職戦線は終わる。

 「こういうスケジュールで」「こういうことをしなくてはならない」という常識が、業種を問わず、規模を問わずに存在している。Web依存だし、業者依存だが、ともかくそういうことになっている。人事も業者もそういう仕組みに乗っかって採用ツールを作り、イベントを行い、採用活動を進めていく。
 その一方で、「企業にはウソが多い」「大人はウソをつく」という感想で就活を終える学生が多いのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT