アルコール依存の夫に耐えられず妻が「したこと」 それでも夫を見放さなかった、その理由とは…

印刷
A
A
アルコール依存症の夫がいるリカさんの地獄のような日々とは(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/PIXTA)

家族の依存症に悩み、誰にも相談できずに苦しんでいる人たち。アルコール依存症の夫がいるリカさん(仮名・40代・東海地方在住)もそんな1人だった。家庭が崩壊する危機に直面し、地獄のように壮絶だった日々を振り返る。

「アルコール依存症」の診断受け入れられず

看護師として働くリカさんは、女手ひとつで育ててきた長男(当時10歳)を連れて、2014年に現在の夫と再婚。実の父親を覚えていない長男は、初めてできた父親に喜んだ。結婚半年後には夫との子も妊娠し、リカさんは新しい家族と幸せな日々が始まると信じていた。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

結婚と同時に、夫はリカさんの両親や長男と同居した。夫には不動産収入があったが、これまで続けていたコンサルタント業をたたみ、新たな仕事を始めようとしていた。

しかし、結婚して1年経ったころ、夫は腰の病気を発症。痛みを和らげるために酒を飲むようになった。

「最初は1日に缶ビール3本飲んでいました。節約のために焼酎に変えてからは、飲む量がわからなくなって。私の両親もお酒をよく飲むので、量が多いのかは判断がつきませんでした」

腰の状態は日に日に悪化したが、夫は病院に行くことを頑なに拒否。1日中寝て過ごす日々が続いた。次男が生まれた直後にリカさんの病室を訪れた夫は、リカさんを椅子に座らせ、自分はベッドに横たわった。

「私が退院した後も夫の状態は変わりませんでした。説得し、夫も手術に踏み切ったのですが、今度はイライラするようになったんです。『痛み止めは飲みたくない』と言って、またお酒を飲むようになりました」

ある日、夫はてんかん発作を起こし、病院に運ばれた。医師は「アルコールによるもの」と説明し、「アルコール依存症」と診断した。しかし、リカさんは信じられず、ほかの病院を転々としては、夫にあらゆる検査を受けさせた。

次ページ目を背けたくなる現実を突きつけられ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT