援助じゃアフリカは発展しない ダンビサ・モヨ著/小浜裕久監訳

援助じゃアフリカは発展しない ダンビサ・モヨ著/小浜裕久監訳

国連がアフリカの「貧困半減のための援助倍増」の旗を掲げて10年。2015年の最終ゴール「ミレニアム開発目標」達成を目指し、なお強い意志で各国政府への叱咤激励を続ける。

確かにアフリカ諸国のパフォーマンスは、従来になく向上しているように見える。だが、アフリカ出身女性エコノミストによる本書は、データに基づき、過去数十年の1兆ドル以上の援助は、「貧しい人々をより貧しくさせ、経済成長を遅らせてきた」として全面的に援助の効果を否定する。

では、持続可能な発展策はあるのか。本書は中国をモデル化する。つまり、「直接投資受け入れと輸出志向」で離陸する方向である。しかも著者は、中国の損得に徹した進出のあり方をも大いに評価する。

日本からは、アフリカ向け援助の“真水”がむしろ減る傾向にある。日本の国際社会で認められる援助論理の構築に加え、自らの援助のあり方を決めるうえでも参考になる、論争の書だ。

東洋経済新報社 2310円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT