学習障害だった彼女が26歳以降に得た人間の底力 「脳は生涯変化する」身をもって証明してみせた

印刷
A
A
一時は自殺を考えたほどの彼女がハンディを克服できた理由とは(写真:grigvovan/PIXTA)

「学習障害」とは、端的にいえば読み書きの能力や算数の計算などに関する発達障害のことである。脳に神経障害があるため、健常者であれば無理なくこなせる読解や計算などが思うようにできないわけだ。

多くの人にとって、それはいまひとつ実感の持てないことかもしれない。だが現実的にそういう人もおり、ましてや特別なことでもない。健常者がいるのと同じように、学習障害を持つ人もいる。それだけのことだ。ただし、だとすれば学習障害について多くを知らない私たちは、少しでも知識をつける必要があるだろう。それこそが、本当の意味での多様性なのだから。

そういう意味で、『霧のなかのバーバラ 学習しょうがいを克服した女性の物語』(片山恭一著、文芸社)は学習障害について知るための格好のテキストになるかもしれない。なかなか理解されにくいこの障害を抱えながら育ち、苦難の末に克服し、自ら脳を鍛えるシステムを提唱し、「アロースミス・スクール」を確立した人物に焦点が当てられているからだ。1951年のカナダ・トロントで生まれた、バーバラ・アロースミス・ヤングという女性である。

日本で本書の出版を発案したのは、ディスレクシア(難読症)とADHD(注意欠如・多動性障害)を抱える子どもの父親であり、貧困者を救うマイクロファイナンス・プロジェクトを運営するオマール・カンディール氏。プロジェクトを進める過程で、『世界の中心で、愛をさけぶ』で知られる著者が執筆を担当することになったという経緯のようだ。

原因は脳にあったが…

バーバラは、生まれたときから身体が左右非対称だったのだという。のちに母親は「産科医に右足を引っ張られて出てきたんじゃないの?」と冗談めかして話したそうだが、実際に右足は左足より長く、骨盤は傾いていた。右腕は“妙な角度で”曲がったままで、まっすぐになることはなかった。さらに右目は左目よりも機敏で、背骨に歪みがあり、軽度の脊柱側彎症だった。

要するにバーバラの小さな身体は、生まれつき外見的にもいびつだったのだ。のちに彼女自身は、「身体の左半分が異国のような存在だった。生まれたときに脳卒中を患ったみたいだった」と振り返っている。これは重度の神経障害によるものであり、おそらく原因は脳にあった。(22ページより)

とはいえ、それが判明するのはずっと先のこと。したがって、バーバラは長きにわたって苦難の道を歩み続けることを避けられなかった。

次ページ書く文字が鏡に映したように反対向きに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT