「香港デモ封殺」から透ける、中国政府の焦り

情報操作は無理、格差是正なければ中国はもたない

学生たちの座り込みデモに対して、香港の警察による鎮圧行為も始まった。香港の警察と言えば映画「ポリス・ストーリー」でジャッキー・チェンが扮する「正義の警官」というイメージだったが、今回の抗争で、さほど人民解放軍と変わりがないことも知った。

それはさておき、このニュースは中国の本土にどう伝わっているのか。今や、中国ではデモは年間10万件とも、20万件ともいわれており、毎週のように各地で起きている。それを国内の治安を維持する武装警察の力で押さえ込んでいるといっても過言ではない。香港の動向が、中国の影響を与えないわけがないのだ。

わかっていた、市場経済政策の副作用

結局のところ、香港のデモは、中国では内容が偏って報道されている。私が中国国内で聞いてみると、「香港の学生デモも、いずれは押さえ込まれるだろう」との見方をする一般人が多い。実際、1989年の天安門事件は、中国政府にとっては、「力によって騒乱を押さえ込み、共産党一党支配を守り、その後の高度経済成長路線につなげた」という成功体験として記憶されているのが実態ではないか。

天安門事件の後、何とか民主勢力をおさえ込んだ政権側は、二つの方針を打ち出したといえる。「愛国主義」と「市場経済政策の徹底」だ。前者では、例えば日本を標的にした抗日戦争の画像を繰り返し流すなど、日本を悪者に仕立てあげ「洗脳教育」を本格化した。若者がたてた「愛国無罪」などのスローガンも、事実上支持した。後者は、1992年の鄧小平の南巡講話とよばれる地方視察と遊説があまりに有名だ。民衆は本来、社会主義とは相いれないはずの市場経済政策を受け入れた。

別の見方をすれば、中国の人民は新たな共産党の政策に懐柔されてしまったわけだが、私がいいたいことは、政府もこの政策によって「貧富の差が拡大し、新たな不平不満が起こる」ことを予見していたはずである、ということだ。

次ページ香港の存在意義とは
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT